自然に回帰する「新しい風」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > 自然に回帰する「新しい風」

ニュース

自然に回帰する「新しい風」

自然に回帰する「新しい風」

2017年10月31日

かつて自然の恵みの宝庫であった霞ヶ浦は、高度成長期を経て、深刻な環境問題を抱える湖に変貌した。輝きを失いつつあった湖に美しさを取り戻す。アサザプロジェクトを通じて取り組んできた市民による再生活動は、確かな足跡を残して20年の時を刻んできた。2016年、活動は新展開を見せる。農業法人「新しい風さとやま」の設立。稲作を通じて、荒廃した谷津田を再生し、里山の風景と、美しい霞ヶ浦を再生する。彼らの起こす新しい風の行方は。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

命の湖・霞ヶ浦

里山
霞ヶ浦は日本で二番目に大きな湖。かつては水産物の恵みをもたらす宝庫だったが、高度成長期の工業化や都市化、それに伴う人口増加に応じた水資源の開発で、その様相は大きく変化した。護岸のためにコンクリートで固め、逆水門を整備して海と分断するなど、人の手が加わったことや、生活排水・工業排水の垂れ流し。あの時期に重なった環境に負荷をかけるできごとによって、連綿と続いてきた霞ヶ浦の自然環境は、ほんの数年で壊滅的なダメージを受けた。1970年代以降、水質汚染は深刻化し、夏は悪臭を放つアオコが大量発生する「汚れた湖」という印象が定着した。高度成長期の負の側面を背負った湖は、その輝きを失いつつあった。

広大な霞ヶ浦の再生に取り組む

里山
1980年代、条例や規制によって、一時、水質の改善が見られた霞ヶ浦だが、抜本的な浄化にはつながらず、再び汚染が進んだ。「霞ヶ浦の緩慢な死」という言葉が使われ始めた90年代半ばの1995年、市民活動の中からアサザプロジェクトが発足する。アサザは霞ヶ浦に生息する水草。春から秋にかけて黄色い花を咲かせ、人々の目を楽しませていた。以前は至る所で見られたが、アサザの芽が育つヨシ原の減少とともに、その姿が激減した。湖にアサザが育つ環境を取り戻す。アサザの育成をきっかけに発足したプロジェクトは、特定非営利活動法人アサザ基金が中心となって、農林水産業者、企業、学校、市民団体、行政機関などと連携し、霞ヶ浦の環境保全と地域振興に寄与してきた。
霞ヶ浦の再生を目的に、様々な組織と人が協働する活動は広範囲に拡がり、小中学校の学習連携から、農業と結びつくビジネスモデルの創造、新しい付加価値を持つ農産物や加工品の生産も手掛ける。
その一環ではじまった稲作は、企業のCSR活動と重なり、霞ヶ浦周辺の耕作放棄地となった田んぼの再生に一役買っている。できあがった米は、酒造会社や米菓子加工所などとのコラボレーションで、新たな地域ブランドの創出へと活動の幅を広げていく。
耕作放棄地での稲作は、アサザプロジェクトに異なる視点を与えた。霞ヶ浦の環境を改善するために必要なのは、湖の周辺環境も合わせて見る広い視野。プロジェクトが注目したのは、霞ヶ浦に流入する「水」だ。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧