農業を通じて地球環境を守りたい。社名に込めた志を貫く「ドクター・オブ・ジ・アース」の10年【PR】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > 農業を通じて地球環境を守りたい。社名に込めた志を貫く「ドクター・オブ・ジ・アース」の10年【PR】

ニュース

農業を通じて地球環境を守りたい。社名に込めた志を貫く「ドクター・オブ・ジ・アース」の10年【PR】

農業を通じて地球環境を守りたい。社名に込めた志を貫く「ドクター・オブ・ジ・アース」の10年【PR】

2017年10月31日

「ドクター・オブ・ジ・アース」。地球のお医者さん。代表取締役の河村賢造(かわむらけんぞう)社長が社名に込めたのは「より良い地球環境を後世に残し、少しでも地球の寿命を延ばしたい」という思い。産地直送野菜の流通を通して、農業という分野で「食糧自給率」「雇用」「環境」、それぞれの問題解決に取り組む同社は2017年、設立10周年を迎える。それを記念して「農業のミライを考える」セミナーを開催する経緯を河村社長にうかがった。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

ドクター・オブ・ジ・アース

農業を通じて地球環境の維持改善に貢献する

「中学の授業で、地球には寿命があると聞いたときの衝撃が活動の原点」。そう話す河村社長は、環境問題に関心を持ち、大学では環境科学部に進む。フィールドワークで野菜の直売所の調査をしたのが、農業との最初の接点。農業の多面的な役割に触れるにつれ、農業を活性化させることで、環境の維持・改善に貢献できるのではないかと考えた。大学卒業後、農産物の新しい流通経路の提案と、農家の計画生産をサポートする「ドクター・オブ・ジ・アース」を設立。環境に関心を持った瞬間に浮かんだ「自分が地球の医者になる」という考えをそのまま社名にした。

ドクター・オブ・ジ・アース

飲食店・小売店の課題と生産者のニーズに対応する
「のら直送システム」

同社は、飲食店・小売店を対象にした産直野菜配送サービス「のら直送システム」を中心に展開。同社の野菜ソムリエが直接、産地に赴き、農家と交渉して仕入れを確保した農産品を、専用サイトを通して直接販売する。飲食店・小売店には定期的に商品情報や、レシピを提供するなどのサポートを行っている。また一方の農家に対しては、需要や価格の安定化を図る生産計画の作成などのコンサルティングを実施。飲食店・小売店の抱える①こだわり野菜の安定確保、②産地開拓の余裕がない、③こだわりを持った生産者との出会いの機会がない、④ロットの折り合いがつかない、⑤物流経路がないなどの課題と、①新たな販売先を確保したい、②自分で値段を決めたい、③消費者の求めるものを作りたい、④商品尾こだわりを認めてもらいたいなどの生産者のニーズに対応している。

ドクター・オブ・ジ・アース

「のら直送システム」誕生前夜

「のら直送システム」を構築する以前、河村社長は多くの生産者のもとを訪ねて歩いた。そこから見えてきたものは、一般的に流通する農産品より、はるかに味の良い高品質な作物を作っている生産者が存在するにも関わらず、それらの作物が市場出荷というシステムの中で埋もれてしまっている現状に直面する。高品質な「本物の野菜」を販売することに使命感を覚え、その仕組みを構築することに考えが至った。良いものを必要に応じて、必要とする場所に届ける。それは、生産者の経営改善にもつながるのではないか。
「何を作ったら売れるのか知りたい」「どうにかして売り切りたい」。学生時代に足繁く通った農家の言葉も脳裏を過ぎった。
消費者と生産者。それぞれのニーズの接点を探り、双方の情報交換を促進するシステムの必要性を検証した結晶が「のら直送システム」だ。

ドクター・オブ・ジ・アース

ドクター・オブ・ジ・アース設立10周年記念「農業のミライを考える」&交流会を開催!

同社は、会社設立10周年を記念し、2017年11月26日、グランフロント大阪 タワーA31階のマイナビルームで、生産者を対象にした「農業のミライを考える」と題したセミナーと交流会を開催します。
特別ゲストに宮城大学名誉教授の大泉一貫氏、株式会社農業総合研究所社長の及川智正氏を迎え、参加者とともに農業の未来を語り合います。参加費無料(交流会・懇親会は別途参加費が必要)。但し、事前申込みが必要。詳細は下記、開催概要をご確認ください。

ドクター・オブ・ジ・アース株式会社
設立10周年記念セミナー「農業のミライを考える」&交流会<開催概要>

■日 時:2017年11月26日(日曜日)13時~19時30分(受付開始:12時30分)
■会 場:グランフロント大阪 タワーA 大阪市北区大深町4-20 31階 マイナビルーム
>交通アクセスはこちら
■定 員:99名(応募先着順)
■対象者:農業者や「のら産直システム」に関心をお持ちの方
※お預かりした個人情報は、本セミナー開催以外の目的には使用いたしません。

>お申込みはこちら
農業のミライを考える

■当日スケジュール
12:30:受付開始
●第1部
13:30~13:40:ドクター・オブ・ジ・アース株式会社 代表取締役 河村賢造 挨拶
13:40~13:50:株式会社マイナビ 挨拶
13:50~15:20:記念講演「フードチェーン農業」
        宮城大学名誉教授 大泉一貫先生
15:20~15:30:休憩
15:30~16:00:講演「農業で起業!〜ゼロから上場まで〜」
        株式会社農業総合研究所社長 及川社長
16:00~16:10:休憩
16:10~17:40:パネルディスカッション テーマ「農業のミライを考える」
17:40~18:00:会場設営&休憩

●第2部
18:00~19:30:交流会
第1部と同じ会場で実施します。
参加費:お一人様2,000円(要事前申し込み)

●第3部
20:00~22:00:懇親会 
近隣に会場を移して開催します。
参加費:お一人様4,000円(要事前申し込み)

【講師紹介】
●大泉一貫(おおいずみ かずぬき)先生
1949 年宮城県生まれ。東京大学大学院修了。農学博士。成長志向型農業の理論的基盤を作ってきた農業経済学、農政学の第一人者。「農業は成長産業に変えられる」は氏の名言。保護農政から成長産業化農政への転換、「農業経営者を中心とした農政」の構築など、日本の農政への理論的貢献は大きい。農業経営アドバイザー活躍推進協議会会長。経団連21世紀政策研究所研究主幹。

●及川 智正(おいかわ ともまさ)氏
1975年東京都生まれ。東京農業大学農学部卒業。2007年、株式会社農業総合研究所を設立。「ジャパンベンチャーアウォード(JVB)2016」で経済産業大臣賞受賞をはじめ、受賞歴多数。2016年6月16日、農業ベンチャー初の東証マザーズ上場。2017年3月16日「第11回IPO大賞」ルーキー部門で表彰。同年4月27日、クールジャパン機構による出資と海外展開を発表するなど、活動を拡大中。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧