「米づくり」に出会った若者に「稲作」がもたらした人生の転機 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 「米づくり」に出会った若者に「稲作」がもたらした人生の転機

ライフスタイル

「米づくり」に出会った若者に「稲作」がもたらした人生の転機

「米づくり」に出会った若者に「稲作」がもたらした人生の転機

2017年11月01日

NPO法人Kids of Earth(キッズオブアース)は「地球が笑顔になる」を基本理念に、米や野菜などの農産物が、どのような過程で作られて、消費者の口に運ばれるのかを体験するプログラムを提供しています。「楽しいことが好き」な代表理事の谷口裕紀(たにぐちひろき)さんがコーディネートする「楽しいだけではない」農の体験は、子どもから大人まで、私たち「地球の子ども」が地球のためにできることを考える機会に。「活動の目的は共生・循環型社会の実現」という谷口さんに話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

キッズオブアース

知らないままで食べていた米や野菜

NPO法人Kids of Earthは「私たちは、自らが『地球のこども』として、地球の命を支える循環が自然に巡り、『地球が笑顔になる』ような選択と行動をしていきます」という理念を掲げ、2015年12月に東京都板橋区で発足しました。その活動の中心は、農業生産者の協力を得て、米づくりや野菜づくりの体験プログラムを生活者に提供すること。できる限り実態に即した形で、田植えから稲刈り、それぞれの野菜作りのプロセスを、子ども向け、大人向け、親子向けと対象者ごとに用意しています。「米も、野菜も人間の体をつくるもの。それなのに、自分自身が作物のできる過程を知らなかったこと」が活動のきっかけでした。法人設立から2年。「食」や「環境」をテーマにした講演会やワークショップの開催、パートナー生産者の商品販売など、活動の範囲は拡がり、法人のミッションである「共生・循環型社会を実現する」ための、生産者と生活者の架け橋となっています。
代表理事の谷口裕紀さんが法人設立に至った経緯をたどると、その原点には「楽しいこと」を求める好奇心と、若者ならではの行動力がありました。

きっかけは交流イベント「おとなの500人キャンプ」

NPOの活動を始めるきっかけは2012年に遡ります。当時は、企業に勤めていましたが、オンもオフも大切にする谷口さんは、友人が主催する「おとなの500人キャンプ」にスタッフとして参加。Facebookなどの告知で集まった人々が、毎年9月ごろ、関東近郊の施設で行う1泊2日のイベントは、参加者同士の親交を深める絶好の機会に。「次のキャンプまで待てない」若者たちが、月に一度、定期的に会う機会を求め、おいしい丼を食べるサークル「ごはん部」を発足させました。ところが、その活動が始まる前に、メンバーの一人が「丼の主役である米を作ること」を提案。「楽しそうなこと」に前のめり姿勢の仲間たちは意気投合し、ごはん部の活動を一回も行わないまま、米づくりにチャレンジすることを決意しました。「来年のキャンプにおいしい米を届ける」という目標を立てて、名称を「う米部(うまいぶ)」と改め、彼らは行動に移します。

キッズオブアース

「う米部」の活動を支えたメンバー。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧