濃厚な甘さがたまらない!安納芋のおいしさの秘密 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 濃厚な甘さがたまらない!安納芋のおいしさの秘密

ライフスタイル

濃厚な甘さがたまらない!安納芋のおいしさの秘密

濃厚な甘さがたまらない!安納芋のおいしさの秘密

2017年11月02日

安納芋はサツマイモのなかでも水分が多く粘質で、焼くとねっとりとした食感になります。生の状態でも糖度が16度程度と高く、時間をかけて焼くとさらに糖度が高くなります。そんな安納芋のおいしさの秘密をご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

安納芋はサツマイモのなかでも水分が多く粘質で、焼くとねっとりとした食感になります。

生の状態でも糖度が16度程度と高く、時間をかけて焼くとさらに糖度が高くなります。その糖度は40度前後にもなるのだとか。切り口に蜜が出ているものは糖度が高いといわれています。

ただ焼くだけでもスイーツのように甘くなるおいしいサツマイモ。この甘さの秘密は、ショ糖というブドウ糖と果糖が合体した二糖類。これは普段、料理に使う砂糖の主成分と同じです。

安納芋はこれが一般的なサツマイモの2倍ほど含まれているため甘いのです。しっとり・ねっとりとした食感は、オクラなどに含まれる多糖類を多く含んでいるからといわれています。

また、カロリーは白米の1/3程度といわれています。

一般的にサツマイモは、新物の出回り時期は9月から11月、貯蔵されたものは翌1月から春頃までです。

安納芋は、しばらく貯蔵してデンプンを糖質に変化させてから出荷されるものもあり、収穫時より甘い状態で販売されるようになっています。

安納芋の産地 種子島

安納芋の名産地である種子島は鹿児島県南部にある島で、南北に細長い地形をしています。

安納芋が定植される以前の1600年代には、琉球(現在の沖縄県)からサツマイモを譲り受けて定植・栽培に成功しました。篤農家の努力だけでなく、海が近くミネラル分が多い土壌で、通気性・排水性に富んでいたことも、サツマイモの栽培が成功した要因と考えられています。

島の気候は亜熱帯性で、冬でも温暖な気候といわれています。現在は宇宙センターもあり、宇宙開発の重要な拠点です。

安納芋の鮮度の見分け方と保存方法

安納芋を購入するときは、皮にツヤがあってなめらかなもの、傷や黒い斑点がないもの、ひげ根の穴が浅い物を選びます。

乾燥と低温に弱いため、保存するときは新聞紙に包んで冷暗所に保管します。保存に適した温度は13℃から15℃で、冷蔵庫などの低温下では腐敗してしまうので気をつけましょう。加熱したものは冷凍も可能です。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧