ふるさと納税で農業支援 お礼の品の魅力は農家にあり – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > ふるさと納税で農業支援 お礼の品の魅力は農家にあり

行政・団体・個人の支援

ふるさと納税で農業支援 お礼の品の魅力は農家にあり

ふるさと納税で農業支援 お礼の品の魅力は農家にあり

2017年11月15日

応援したい自治体へ寄附できる、ふるさと納税。寄附へのお礼に、肉や米などを送る自治体もあり、ここ数年、寄附額は右肩上がり。実質2,000円で地域の特産品がもらえることがほとんどで「今年は寄附してみようかな?」なんて方もいらっしゃるでしょう。ふるさと納税と切っても切れないような、お礼の品。これって、どうやって出てるの?そこには農家の皆さんの姿が。ふるさと納税と農業について紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

寄附者には「自治体応援・節税・お礼の品」の3つのメリット

まず、ふるさと納税とはどういう制度でしょうか。

以下の3つのメリットがあるものとして、基本的に誰でもいつでもどこへでもつかえるものとして知られています。

自治体を寄附金で応援できる

自分が生まれ育った故郷でなくても構いません。全国のどこの自治体にでも寄附ができます。しかも、いくつでも。(後述の「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用するならその適用は5自治体まで)

自治体によっては、収めた寄附金の使い道も指定できます。たとえば被災地復興、子育て支援、高齢者支援など。寄附したお金の使い道が見えるのは、寄附者には嬉しいことですよね。

節税ができる

寄附すると、その額のうち2,000円を引いた分が、その年度の所得税からの還付と翌年の住民税から控除されます。寄附金の控除上限額は所得や家族構成により異なるので、事前に確認するといいでしょう。

2015年からは「ふるさと納税ワンストップ特例制度」により、サラリーマンなどの確定申告が不要な方で寄附先が5自治体以内なら、あらかじめ申請をすることで確定申告をしなくても控除されるので、便利になりました。

お礼の品をもらえる

そして何よりの魅力は、実はこのお礼の品だったりもするでしょう。

高額な肉やフルーツなどがもらえるという印象の方も多いかもしれません。2,000円を負担することで、寄附先の自治体の特産品が届けられます。ただし、お礼の品を用意していない自治体もあります。

【関連記事】ふるさと納税についてもっと読む

お礼の品は強い魅力の一つ

トラストバンクのオフィスには訪れた自治体からのメッセージが壁に

さて、寄附先を選ぶ手段の一つとなり得るお礼の品。日本全国1,788自治体すべてを掲載し、ふるさと納税の情報を伝える日本最大のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」には、14万5千点を超えるお礼の品が掲載されています(2017年10月現在トラストバンク調べ)。そのうちの多くは農産品やその加工品。なかには農業体験というお礼の品もあります。

運営する株式会社トラストバンクに伺うと、肉、米、果物の人気が高いとのこと。地域農家の品々が、ふるさと納税の魅力を支えていると言えるかもしれません。しかし一方、ふるさと納税による農業支援の一面も実はあるのです。以下、農家を支える例を3つ紹介します。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧