プロから主婦まで応募OK!「第2回ジビエ料理コンテスト」開催 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > イベント・セミナー > プロから主婦まで応募OK!「第2回ジビエ料理コンテスト」開催

イベント・セミナー

プロから主婦まで応募OK!「第2回ジビエ料理コンテスト」開催

プロから主婦まで応募OK!「第2回ジビエ料理コンテスト」開催

2017年11月30日

シカやイノシシなど天然の野生鳥獣の肉を使った料理は、ヨーロッパでは一部の上流階級しか食べることができない高級料理の一つでした。日本では野生鳥獣の増加に伴って、ジビエへの注目が集まってきています。今回はジビエとはどんなものか紹介し、国産ジビエ流通規格検討協議会主催の「ジビエ料理コンテスト」の内容についてご案内します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

ヨーロッパの高級伝統料理「ジビエ」

ジビエ

「ジビエ」とは、狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を表すフランス語で、シカ肉やイノシシ肉などを指します。ヨーロッパで古くからある伝統料理で、貴族などの上流階級の人々しか口にできないような高級料理の一つでした。

山や野を駆け巡っている野生動物の肉は、脂肪が少なく引き締まっていて、高い栄養価があります。動物の尊い命をいただくため、肉はもちろん、内臓や骨、血液まであますことなく料理に使い、生命への感謝を捧げるという精神が受け継がれています(ただし日本の国産ジビエとして扱っているシカ、イノシシについては内臓や血液の利用は推奨されていません)。

日本におけるジビエ

ジビエ

日本で「ジビエ」に該当するのは、シカ、イノシシのほか、野ウサギ、山鳩、小鴨、真鴨、カルガモ、キジなど。ハクビシン、アナグマといった珍しい動物なども含まれます。

日本では毎年11月15日から2月15日までの期間に、狩猟が解禁されます。そのためこの狩猟期間が、ジビエ料理を楽しめるシーズンでもあるのです。

また近年は、野生鳥獣が年々増加する傾向にあり、畑や田んぼを荒らしたり農作物を食べたりして、様々な被害が出て問題になっています。そのため狩猟などで捕獲された動物たちを野山に放棄せず、食肉として有効活用しようと、ジビエ料理の普及活動などが重要視されています。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧