農業に経営感覚という力を! ちばぎん総研アグリビジネススクール – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > 農業に経営感覚という力を! ちばぎん総研アグリビジネススクール

ニュース

農業に経営感覚という力を! ちばぎん総研アグリビジネススクール

農業に経営感覚という力を! ちばぎん総研アグリビジネススクール

最終更新日:2018年10月09日

株式会社ちばぎん総合研究所(本社:千葉県千葉市美浜区)は、2018年1月から「ちばぎん総研アグリビジネススクール」を開催します。農業事業者やその後継者、農業法人経営者、他業種からの参入者を対象に、より経営者感覚を持つことで〝もっと儲かる農業″の実現を目指す講義は2015年度からスタートし、今回で3回目の実施。好評の「基礎コース」と、応用編の「販路拡大コース」の2コースを用意し、現在、受講生を募集中しています。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

より鋭く 農業の経営感覚を身につける 農業に特化したビジネススクール

ちばぎん総合研究所は、2015年から「アグリビジネススクール」を開催しています。消費者のニーズを理解し、付加価値の高い作物を作ることが求められる今日。農業を取り巻く環境が変化する中で、収益力のある経営感覚の習得を目指す人のための〝農業に特化した″講義は、農業経営の基礎を体系的に学ぶ機会として、受講者から好評を得てきました。
今回も、同研究所のネットーワークを活かした自慢の講師陣が、肥沃な土地と、温暖な気候、大消費地東京に隣接するという、恵まれた環境を持つ千葉県のポテンシャルを顕在化し、〝もっと儲かる農業″の実現に向けた講義を行います。
「基礎コース」を受講した応用講座として、2016年度からスタートした「販路拡大コース」は、経営ビジョンの描き方、スーパー、百貨店などの出口業界の理解、自社商品分析、販売促進のプレゼン方法など、実践に役立つ充実のプログラムを用意。実際にバイヤーとして活躍する講師から、バイヤーの目線、消費者の反応などの話を聞くことができる機会となっています。
それぞれの講義で、体験型カリキュラムを重視。クループワークや現地視察も実施し、情報交換や、同じ志を持つ仲間を作る場面にも。

農作業者から農業経営者へ 3回目でより磨きがかかった基礎コース

「農業はもっと儲かる!ちばぎん総研アグリビジネススクール【基礎コース】」

会場:パレット柏(柏市文化・交流複合施設)
千葉県柏市柏1-7-1-301 Day Oneタワー3階
時間:各回とも原則18:30~20:30
受講料:37,800円(税込)

日程:2018年1月~4月の全7回(オプション:農場視察会)

講義1 1月16日(火) 「農業経営者になるために」
講師/木内博一氏 (株)和郷 代表取締役

講義2 1月29日(月) 「儲かる農業に必要な経営力」
講師/嶋崎秀樹氏 (有)トップリバー

講義3 2 月13日(火) 「作業効率を上げる」
講師/株式会社デンソー

講義4 2月22日(木) 「現場で活躍する人を育てる」
講師/ちばぎん総合研究所

講義5 3月 5日(月) 「お金に強くなる」
講師/秋葉芳秀氏 秋葉会計事務所 所長
千葉銀行法人営業部・ちばぎん総合研究所

講義6 3月20日(火) 「儲かる作物を作る」
講師/斎藤豊氏 (株)リトルワールド 代表取締役
「販売現場を学ぶ」※パネルディスカッション
登壇者/古森啓介氏 (株)ALL FARM 代表取締役
寺尾卓也氏 (株)ALL FARM 取締役執行役員 農場長)
※東京会場開催(後日発表)

講義7 4月13日(金) オプションコース「農場現場見学」

講義8 4月24日(火) 「農業に関する様々な取り組み」
講師/加藤百合子氏 (株)エムスクエア・ラボ 代表取締役
片桐大輔氏 (千葉大学 産業連携研究推進ステーション 特任准教授)

消費者やバイヤーの求めているものを理解し、販路開拓の術を学ぶ【販路拡大コース】

「農業はもっと儲かる!ちばぎん総研アグリビジネススクール【販路拡大コース】」

会場:木更津市 市民活動支援センター きさらづみらいラボ
千葉県木更津市中央1-1-6 両総通運ビル内
時間:各回とも原則18:30~20:30
受講料:59,400円(税込)

日程:2018年1月~4月の全7回(オプション:農場視察会)

講義1 1月17日(水) 「小さくて強い農業で生きる」
講師/久松達央氏 久松農園 代表

講義2 1月26日(金) 「自分の商品を分析し、上手にPRする」
講師/岡部英介氏 (株)ぐるなび 加盟店営業部門 ぐるなび大学

講義3 2月 5日(月) 「百貨店業界が求めるもの」
講師/野口喜弘氏 (株)京王百貨店 食品・レストラン部 生鮮グロサリー売場 マネージャー)
「販売現場を学ぶ」
※東京会開催(後日発表)

講義4 2月20日(火) 「福島屋が求めるもの、消費者が求めるもの」
講師/福島徹氏 (株)福島屋 代表取締役会長

講義5 3月 9日(金) 「ビジョンを作る」
講師/ちばぎん総合研究所

講義6 3月19日(月) 「ICT/IoTデータを活用した農業の経営管理」
講師/生駒祐一氏 テラスマイル(株) 代表取締役

講義7 4月13日(金) オプションコース「農場現場見学」

講義8 4月23日(月) 「経営者としての心構え」
講師/山田敏之氏 こと京都(株) 代表取締役

農業とビジネスを近づける 各コースの自慢の講師の一部を紹介

【基礎コース】

木内博一(きうちひろかず)氏
株式会社和郷 代表取締役
農業組合法人 和郷園 代表理事
1967年千葉県生まれ。農業者大学校を卒業後、1990年に就農。翌年、有志5人で野菜の直販を開始。「和のマネジメントと郷の精神」で約90の農家をグループ化。約50社の取引先に共通ブランドの野菜を販売。事業地域に密着した循環型農業のビジネスモデルを構築している。


加藤百合子(かとうゆりこ)氏
株式会社エムスクエア・ラボ 代表取締役
トクラス株式会社 社外取締役
信州大学 客員教授
1974年千葉県生まれ。東京大学農学部を卒業後、英国クランフィールド大学で修士号を取得。NASAのプロジェクトへの参画、キャノン株式会社を経て、2009年、株式会社エムスクエア・ラボを設立。「持続可能な社会を次世代へ」の理念を掲げ、農業を通じて地方を持続可能にするための成果流通事業とコンサルティング事業を行う。

【販路拡大コース】

久松達央(ひさまつたつお)氏
久松農園 代表
1970年茨城県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、帝人株式会社に入社。退社後、1年間の農業研修を経て、1999年に独立就農。スカイプ、SNSなどを駆使するソーシャル時代の新しい農業者として〝仕掛ける”農業を展開中。

 

申し込み・問い合わせ
株式会社ちばぎん総合研究所 経営コンサル第二部
千葉県千葉市美浜区中瀬1-10-2
℡043-351-7430(代表)
https://www.crinet.co.jp/index.html

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

カテゴリー一覧