2018年4月 三重県農業大学校に「農業版MBA養成塾」開設! – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > 2018年4月 三重県農業大学校に「農業版MBA養成塾」開設!

就農

2018年4月 三重県農業大学校に「農業版MBA養成塾」開設!

2018年4月 三重県農業大学校に「農業版MBA養成塾」開設!

最終更新日:2017年12月28日

三重県における45歳未満の新規就農者は年間130人ほどで、その7割以上が農業法人へ就業しています。さらなる新規就農者の就業の受け皿となる農業法人を確保していくため、起業家などの若きビジネス人材の育成が求められています。そこで三重県は、三重県農業大学校内に「みえ農業版MBA養成塾」を2018年4月に開設することを発表しました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

「みえ農業版MBA養成塾」開設の背景

農業版MBA養成塾

三重県は温暖な気候で、大阪府や京都府、愛知県などの消費地に近いこともあり、農業を展開しやすい県の一つです。近年は、年間130人ほどの新規就農者(45歳未満)がいるそうです。

しかし、今後課題となるのが、新規就農者の就業先の確保です。新規就農者の7割以上が、現地の農業法人へ就職しています。安定的な農業の雇用を生み出していくためには、起業家や農業法人のビジネスマネージャーなどの人材を育成していくことが必要となります。

これまで三重県では、産学官が連携した人材育成の仕組みについて検討を重ねてきました。そして、民間農業法人等と三重大学大学院地域イノベーション学研究科、三重県の産学官が連携した「みえ農業版MBA養成塾」を開設することになったのです。

三重県農業大学校では経営学やフードマネジメントなどのスキル、三重大学大学院地域イノベーション学研究科ではプロジェクトマネジメント力、さらに農業法人等によるインターンシップと、それぞれの専門分野を包括的に学べるプログラムが提供可能となります。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧