白いちごの新品種が誕生、ブランド名を募集中 50年連続生産量1位の栃木県

マイナビ農業TOP > アグリテック > 白いちごの新品種が誕生、ブランド名を募集中 50年連続生産量1位の栃木県

アグリテック
栃木

白いちごの新品種が誕生、ブランド名を募集中 50年連続生産量1位の栃木県

白いちごの新品種が誕生、ブランド名を募集中 50年連続生産量1位の栃木県
最終更新日:2019年10月04日

イチゴ生産量で50年連続全国第一位を誇る栃木県で、新たに「白イチゴ」の新品種が生まれました。白いちごの品種の中では最も白く、酸味が少ないため甘味が際立っているのが特徴です。2018年2月20日まで、ブランド名を募集しています。

白いちご

全国的に有名な「とちおとめ」や、「スカイベリー」といった品種を中心に、イチゴの生産量は年間2万5000トンと、50年連続で全国一位を誇る栃木県。

より多様な品種開発を通して、全国一の産地として魅力を発信し続けたいと、県のいちご研究所が新たな白いちご「栃木iW1号」を開発し、1月26日に農林水産省へ品種登録を出願しました。

「とちおとめ」よりも大粒で、酸味が少ないため甘味が際立ち、まろやかな食感が特徴です。
現時点では試験栽培段階で、2020年に苗を農家に販売する予定だといいます。従来の赤いイチゴと紅白のセットにして、贈答品としての需要も期待できます。

ブランド名は、「みんなに愛され、親しまれ、覚えやすいもの」にしたいと、公募を行っています。2月20日まで県のホームページなどから募集し、採用されたブランド名は11月頃に発表されます。

▼ホームページでの応募はこちらから
https://s-kantan.com/pref-tochigi-u/offer/userLoginDispNon.action?tempSeq=1797&accessFrom=offerList

白いちご

応募概要は次ページへ

応募概要

新品種の特徴

果実が白く、大きい。 酸味が少ないため甘さが際立つ。 他のいちご品種に比べ、まろやかな食感。

2 応募資格

日本国内に住所のある個人

3 応募期間
平成 30 年1月 29 日(月)から平成 30 年2月 20 日(火) (郵送は当日消印有効)

4 応募方法
・ 栃木県ホームページの「電子申請システム」から応募する。
https://s-kantan.com/pref-tochigi-u/offer/userLoginDispNon.action?tempSeq=1797&accessFrom=offerList

・電子メール、郵送、FAXのいずれかの方法で応募する場合は、必要事項を記載して応募先に送付してください。
【必要事項】
①ブランド名(フリガナ) ②ブランド名の由来(任意。50 字程度で簡潔に) ③氏名(フリガナ) ④住所 ⑤郵便番号 ⑥電話番号

【応募先】
〒320-8501 栃木県宇都宮市塙田1-1-20
栃木県農政部経営技術課
FAX: 028-623-2315 E-mail: agriinfo@pref.tochigi.lg.jp
※ 応募は一人何通でも可能ですが、1通につき1点。
※ 必要事項に記載漏れがあった場合は無効。

5 ブランド名の発表について

採用されたブランド名は県のホームページ等で発表し、作者には、本品種の果実 等をプレゼント。
作者が複数の場合は、抽選等により贈呈者を決定。

6 その他
・自作の未発表作品で、いちごに使われていないことが必要です。また、応募作品の表 現や表記を一部変更する(漢字をひらがなに変更など)ことがあります。
・決定したブランド名に関する全ての権利は、栃木県に帰属します。
・採用されたブランド名の作者については、氏名及び住所(都道府県名のみ、県内在住 の場合は市町名)を公表する場合あり。
・応募者の個人情報は、この募集の目的以外の用途には使用しません。

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧