【おすすめシェア畑5選】手ぶらでOK&サポート付き◎首都圏で“農活”を始めるならここ

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 【おすすめシェア畑5選】手ぶらでOK&サポート付き◎首都圏で“農活”を始めるならここ

ライフスタイル

【おすすめシェア畑5選】手ぶらでOK&サポート付き◎首都圏で“農活”を始めるならここ

【おすすめシェア畑5選】手ぶらでOK&サポート付き◎首都圏で“農活”を始めるならここ

最終更新日:2018年08月22日

「シェア畑」という単語を耳にしたことはありますか?初心者でも気軽に野菜づくりを楽しめる、サポート付きの貸し農園です。種や苗から、重い肥料や農機具までを畑で無料レンタル できるので手ぶらで通えたり、栽培アドバイザーにアドバイスをもらえたりと従来の市民農園よりも挑戦しやすいのがポイントです。週末の“農活”を始めたい人に、首都圏にあるおすすめのシェア畑5選をご紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

シェア畑のメリットとは?

・野菜の栽培に必要な道具を無料レンタルできる


畑仕事には、重い肥料や農具、野菜の種や苗などの準備が必要です。マルチや支柱、不織布シート‥など、細々としたものまで入れると、意外とたくさんの資材を揃えることになり躊躇しがちです。シェア畑には必要なアイテムが完備されているので、車も不要。お出かけがてらにさくっと畑仕事!というライフスタイルを実現できます。

・無農薬栽培なので、子どもとの作業も安心・楽しい

シェア畑では化学肥料は使用せず、牛糞・鶏糞たい肥や油かすなどの有機質肥料で育てます。なので、子どもと一緒の作業も安心して行えます。
「野菜がどうやってできるのかを子どもに教える機会がないので、食育の場として貴重」、 「子どもも畑に来るのを楽しみにしているし、ここ(シェア畑)で採った野菜は美味しいと食べてくれる」といった利用者の声も上がっています。

・もう失敗しない!菜園アドバイザー付き

張り切って植物の栽培を始めても、栽培方法が分からず枯らしてしまった…という経験もある人も少なくないのではないでしょうか。シェア畑では、“菜園アドバイザー”が講師となり育て方の講習をしてくれます。忙しい人には、栽培代行サービス(有料)もあるので、長期旅行を我慢する必要もありません。

全国で1万5千人を突破するなど、利用者は右肩上がりに増えているそう。その8割が野菜づくり初心者だそうで、「自分でつくった野菜を採って食べると、こんなに美味しく感じるのかと驚いた」、「野菜づくりというとハードルが高いと感じていたが、手ぶらでできて、しかも菜園アドバイザーさんが教えてくれるので、初心者の自分にはとても助かる」という新鮮な感想が届いています。

シェア畑のサービスを運営する株式会社アグリメディアに、おすすめの畑5選とその理由を聞きました。(次のページへ)

首都圏のおすすめシェア畑5選

1.シェア畑 花小金井
園内にBBQ施設がある、小金井公園に近いです。つまり、自分で作った野菜を畑で収穫し、とれたてをBBQ場で楽しむ…なんていう贅沢ができちゃいます。その味は格別とのこと。畑の敷地内でキウイフルーツを栽培していて、秋に収穫して食べられるのはここだけ!というフルーツ好きにうれしい理由も。

2.シェア畑 横浜十日市場
シェア畑横浜十日市場には、低価格で利用できる小区画(3平方メートル)の「こども畑」があります。初めての野菜づくりで作付けが不安な方向けに、夏はトウモロコシ、冬は大根やイチゴなど、人気の品目を作付けできるので、低価格でもしっかり楽しめます。

3.シェア畑 FujisawaSST
本屋や個性豊かなショップが集まる「湘南T-SITE」から徒歩2分の立地にあります。
畑仕事の後は、カフェで読書をしながらゆったり過ごす。そんなロハスな一日を過ごしたい方にはピッタリ。

4.シェア畑 みさとだんち ファーマーズガーデン
UR都市機構との共同事業として、みさと団地内に開園。畑から徒歩圏内にIEKAやららぽーとがあり、遠方から来ても“畑作業付きのお出かけ”が丸一日楽しめます。

5.シェア畑Plus 稲毛
名前に「Plus」とついた「シェア畑Plus 稲毛」では、通常の区画の他に、中上級者向けの大型区画(50平方メートル)が用意されています。野菜の作付けプランも自由に設定できます。閑静な住宅街にあり、ゆったりとした空間で本格的農作業が出来る畑です。農業に関心の高い、マイナビ農業読者にはぜひおすすめとのことです!

友達との共同利用もできるので、週末ごとに仲間でわいわい楽しむのもよし。スポーツ感覚で、ジム代わりの運動として通うのもよし。ヘルシーな野菜も収穫できて一石二鳥です。利用者からは、「利用者同士が集まるイベントがあり、近所の方と一緒に楽しむ新しい場所ができてうれしい」という喜びの声も届くのだとか。

今春には75農園を突破見込みであるなど、数を増やしつつあるシェア畑。「シェア畑」のサイトから、各農園の空き状況がチェックできるので、週末は近くの畑に見学に行ってみてはいかがでしょうか。

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧