食の専門展示会が合同開催 「FOOD TABLE in JAPAN 2018」に約9万人

マイナビ農業TOP > イベント・セミナー > 食の専門展示会が合同開催 「FOOD TABLE in JAPAN 2018」に約9万人

イベント・セミナー

食の専門展示会が合同開催 「FOOD TABLE in JAPAN 2018」に約9万人

食の専門展示会が合同開催 「FOOD TABLE in JAPAN 2018」に約9万人

最終更新日:2018年10月16日

小売業界、中食業界、外食業界のボーダーレスな商談展示会「FOOD TABLE in JAPAN 2018」が2018年2月14~16日に千葉県の幕張メッセにて開催されました。
食にまつわる4つの専門展が、連続した会場で同時に開催される大型の展示会です。飲食メーカーや販売店、商社、電機メーカー、自治体、そしてもちろん農業法人まで。複数業種が一挙に集まりました。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

4つの専門展が同時に開催

食

「FOOD TABLE in JAPAN 2018」は、2018年2月14~16日の3日間、幕張メッセの全館をつかって開催されました。
スーパーマーケットを中心とする流通業界に向けた「第 52 回スーパーマーケット・トレードショー2018」(主催:一般社団法人新日本スーパーマーケット協会)、全国各地の個性豊かな地域食品を紹介する「第 13 回こだわり食品フェア 2018」(主催:一般財団法人食品産業センター)、中食産業に向けた「デリカテッセン・トレードショー2018」(主催:デリカテッセン・トレードショー実行委員会)、外食産業に向けた「第 3 回 外食 FOOD TABLE」(主催:外食 FOOD TABLE実行委員会)の4つが合同になっての開催です。

3日間で約9万人が来場

2,000を超える企業や団体が出展。国外からも、アメリカ、韓国、イタリア、スペインなど14ヶ国、145の企業・団体が参加しました。
商談展示会のために、対象は小売・中食・外食の業界関係者です。3日間の登録入場者数は88,121人となりました(主催者発表)。これは前回から、約2,000人上回ります。天気にも恵まれ、会場は賑わいました。

日本の酒をテーマにした主催者企画「てづくり日本」

今回は主催者企画として、2つの新しいプログラムが開催されました。「手づくり日本」と「暮らしのコトづくり食」です。
それぞれ、日本の食文化をキーワードに掲げたり、昨今注目されるモノからコトへという考え方を地域産品に当てはめて情報提供したりするなど、時代を踏まえた企画です。
特に、「手づくり日本」では、「酒」をテーマに日本品質を追究した全国の酒蔵(クラフトビール・日本酒・焼酎)について、35の出展があり、来場者たちは試飲をしながら、関心を寄せていました。

1 2

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧