アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~カラス編~ – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~カラス編~

ニュース

アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~カラス編~

連載企画:アブなすぎる害獣図鑑

アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~カラス編~

最終更新日:2018年10月10日

近年、野生鳥獣が市街地に出没し、ゴミを荒らす、人を襲うなど、マスコミをにぎわすことが少なくありません。とりわけ農作物への被害は深刻で、2016年度の農林水産省の調べでは、野生鳥獣による農作物への被害金額はトータル172億円。その2割は鳥類による被害となっています。代表的なシカ、イノシシ、サル、クマなどの獣類に負けず劣らず、日ごろ目にする身近な鳥類も農作物に被害をもたらしているのです。
「アブなすぎる害獣図鑑」今回は、鳥類による被害金額・堂々第1位のカラスの生態と農作物への被害、その撃退方法に迫ります。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

ゴミだけではなく、農作物も荒らすインテリギャング

農業

都市でも田舎でも頻繁に見かけるやっかいな鳥といえばカラス。日本にはハシブトガラスとハシボソガラスの2種類が全国に分布しています。ハシブトガラスは額が盛り上がっていてくちばしが太く、ハシボソガラスは体が少し小さくくちばしが細いのが特徴です。

賢い鳥として知られるカラスは、小学校低学年並みの知能があると言われていて、余った食べ物を100カ所以上の場所に隠してもその場所を覚えているそうです。視力も人の数倍良く、暗い夜でも目が利きます。若ガラス、親ガラスともに、それぞれ群れをなして集団で行動し、30種類以上の鳴き方で仲間同士のコミュニケーションを取る情報通です(※1)。

警戒心は強いものの、学習能力の高さで、すぐに慣れて獲物を襲撃する姿はまさにインテリギャング。こんなカラスに農作物を狙われたら、たまったものではありません。

※1 農作物への鳥獣害対策:白山市

被害総額第3位! シカ、イノシシに次ぐ害獣!

農業

カラスは餌へのこだわりがなく、何でも食べることから、ごみ捨て場の生ごみを荒らし、畑の果実や野菜などの農作物に甚大な被害を及ぼします。農林水産省によると、2016年度のカラスによる被害総額は16億円を超え、シカ、イノシシの被害に次いで第3位という大きな金額になりました(※2)。

被害を受けた農作物は、果樹、飼料作物、穀物など多岐にわたり、特に好物の「甘いもの」に該当するトウモロコシやトマト、スイカなどの果菜類、ナシ、ミカン、ブドウなどの果実類への被害が目立っています。また、ニワトリの卵を食べたり、ビニールハウスを破ったりといった、他の鳥類に見られない特殊な被害も報告されています(※3)。

すぐに環境に慣れ、追い払ってもなかなか逃げないカラスの被害は、農家にとって悩みの種になっています。

※2 全国の野生鳥獣による農作物被害状況について(平成28年):農林水産省
※3 鳥類の基礎知識(PDF):農林水産省 p.10〜13「2 鳥類の生態と被害の特徴」(1)カラス類

効果のあった対策法に慣れてしまうことも……工夫が大切!

農業

カラス被害への一番の対策は、カラスの“慣れ”を防ぐということです。カラスは非常に頭がいいので、防鳥テープや爆音機、カラスの死体や模型などの威嚇法は、時間とともに効果が薄れていきます。色・音・光などを使った撃退グッズを複合的に組み合わせ、効果がなくなったら片付けるなど、カラスの慣れを防ぐ工夫が必要です。

それらを踏まえた上で、防鳥ネットやテグスを張って農地への侵入を防ぎます。設置の際には、たるませない、すき間を作らない、農作物から離すといった点に注意して、カラスが入り込みそうな侵入路をつぶします。魚釣りに使うテグスは、糸が体に触れるのを鳥類が嫌がるため、低コストで一定の効果が得られる優れものです(※4)。

威嚇や防御をしても被害が減らないという場合は、「有害鳥獣捕獲の許可」を受けて、銃や箱わなによる捕獲という手段も考えられます。

空から農作物を狙うカラスは、ある意味シカやイノシシよりも農家にとって強敵です。一度狙われた場所は、カラスが学習して慣れた場所と考えられるため、その後の対策に苦戦を強いられます。まずはしっかりと予防することを心がけて、集落ぐるみでカラスが慣れない環境づくりに注力しましょう。

次回も農家にとっての憎らしい天敵、意外な害獣をご紹介します。

※4 集落ぐるみで取り組む鳥獣害対策(PDF):岡山県 p.14「カラスの生態と対策」

上記の情報は2018年6月14日現在のものです。

【アブなすぎる害獣図鑑】シリーズはこちら!

【関連記事はこちら!】
狩猟できる動物は48種に決められている! 後編・鳥類28種

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

カテゴリー一覧