若手農家結集 福島の「おいしさ」を未来につなぐ

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > 若手農家結集 福島の「おいしさ」を未来につなぐ

PR

生産者の試み

若手農家結集 福島の「おいしさ」を未来につなぐ

若手農家結集 福島の「おいしさ」を未来につなぐ

最終更新日:2018年11月07日

東日本大震災という逆境を乗り越え、福島県の若手農業者が集まって結成した「“Cool Agri(クールアグリ)”」。そのリーダーとしてグループをリードするのは、大野栄峰(おおの よしたか)さんです。一つの窓口で共同受注し「中規模流通」という新たなシステムで、直接飲食店・小売店等に生産物を届ける事業をスタートさせたほか、福島県の果樹園を巡るツアーを企画、実施しました。「福島が一つになって、福島から日本の農業を元気にしたい」という想いを共有する、若者たちの挑戦を取材しました。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

福島から“新しい農業のカタチ”を発信

2011年3月11日に発生した東日本大震災によって、甚大な被害を受けた福島県の農業。当時、大野さんは東京のファッション業界で働いていましたが、「創業者である父親が作るこだわりの果物を伝えたい」と、震災を機に、地元に帰ってきました。大野さんは、これまでの果実生産販売に加え、果物を生かしたお菓子や加工品の製造、福島県の食材を使ったピザ販売をするキッチンカー事業など、新たな取り組みを行いました。

一方で、東京電力福島第一原子力発電所の事故で巻き起こった「風評被害」。生産物の取引拒否や価格下落に苦しむ農家の仲間が、たくさんいました。「若手農家が団結し、福島の食の魅力を広めていかなくてはならない」と大野さん。思いを共有する仲間が集まり、震災から4年経った2015年3月11日、クールアグリが誕生しました。

20代から30代の若手農家を中心に、32人が参加。トマトやアスパラ、桃など扱う作物はそれぞれ。個々の経営理念には違いはあるものの、全員が「福島が一つになって、日本の農業を元気にしたい。次の世代の農業者を創出したい」という思いを強く持っています。

クールアグリでは、一つの窓口で共同受注し、飲食店・小売店等に直接納品する「中規模流通」に取り組んでいます。現在では、福島県を中心に展開する大手スーパーマーケットにおいても、クールアグリの商品を購入することができるようになりました。

福島でこだわりの旬の素材を作っている「生産者の顔」が見えるという点が、消費者から高い評価を得ています。ある飲食店関係者は、「とにかく鮮度も品質も良い。生産者が素材にかける情熱も、じかに伝わってくる」と話しています。

さらに、各種イベントや催事で生産物を直接販売するほか、一般消費者を対象に福島の果樹園を巡るツアーを企画、実施。ツアーでは、生産者に直接会い、旬の果物を収穫し、食べることを通して、楽しみながら福島の農業に触れる機会を提供しました。

「実際に福島に来てもらい、福島の生産物の魅力を伝えたい。福島のファンになってもらいたい」と大野さん。参加者からは「福島に来て、生産者の方々の顔を見て、果物を食べることができる貴重な機会になった」「子供たちが夢中になって、生産物について理解しようとしている姿を見ることができて、良かった」との声が届いています。

また、クールアグリに所属するメンバーが育てるリンゴの中から、想い、こだわりに共感した農園を選んで購入することができる「ファーマーズギフト」という取り組みを実施しました。「誇りを持って育ててきたリンゴを届けることができた」と、大野さんは振り返ります。

逆境を糧に 福島農業を未来に拓く

日本の高度経済成長を支えてきた農業ですが、福島においても、担い手や後継者不足が深刻な問題になっています。加えて、“キツい”“汚い”“結婚できない”などのネガティブなイメージもあります。大野さんは「農業の楽しさ、カッコよさ、魅力を伝え、この“農業の5K”を変えたい」と意気込みます。

クールアグリの活動や理念に共感して、仲間に加わりたいと手を挙げる女性も増えてきているそうです。「未経験の方でも安心して就農できるようなサポートがあるので、農業を職業選択の一つに入れてほしい。一緒に福島の農業を盛り上げる活動をする仲間が増えてくれるとうれしい」と大野さん。

東日本大震災から7年が経過した今、苦難を乗り越え、高品質でおいしい生産物を届けようと、同じ志を持ち、前向きに挑戦を続けるクールアグリの皆さん。

クールアグリの活動をきっかけに、「もっと多くの方が福島に来てほしい。農業に対して興味を持ってもらえるような取り組みを企画したい。消費者の皆さんにとって、農業が身近な存在になっていただけるような機会を提供できれば」と話す、大野さんの瞳の奥には、福島県の農業の未来を拓くのだという強い気概が満ちていました。

一般社団法人「Cool Agri(クールアグリ)」
URL:http://coolagri.jp/

Facebookでも活動をお知らせしています。

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧