有機栽培への情熱と独自の仕組み、奈良の恵まれた環境が成功の秘訣『奈良県農業法人協会(有限会社山口農園)」【PR】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 有機栽培への情熱と独自の仕組み、奈良の恵まれた環境が成功の秘訣『奈良県農業法人協会(有限会社山口農園)」【PR】

行政・団体・個人の支援

有機栽培への情熱と独自の仕組み、奈良の恵まれた環境が成功の秘訣『奈良県農業法人協会(有限会社山口農園)」【PR】

有機栽培への情熱と独自の仕組み、奈良の恵まれた環境が成功の秘訣『奈良県農業法人協会(有限会社山口農園)」【PR】

最終更新日:2018年08月07日

奈良県農業法人協会とは、奈良県の農業や農村の発展、地域農業の活性化への寄与を目的とする組織です。なかでも力を注ぐのが、農業法人での就業や新規就農者の支援など。一次産業の活性化を通じた過疎化や遊休地の解消はもちろん、「食育など社会に貢献する喜びを味わえるのが農業」とは会長の日下志(ひがし)拓也さん。今回は協会理事も務める山口貴義さんが経営する『有限会社山口農園』のこれまでの歩みをもとに、農業の醍醐味に迫ります。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

子や孫、地球環境の未来を思い、有機栽培に挑戦

「創業者である山口農園会長が個人農家として有機栽培に取り組んだのが始まりです。農薬による環境汚染や土壌微生物の減少により植物が弱れば森が絶え、動物も人も生きてはいけない。子孫のためにも今、変えなければと有機栽培に挑みました」と教えてくれた山口社長。決断してからの動きは早く、2000年に有機JAS規格が誕生してすぐに同会長が主体となって認定を取り、その5年後には個人農家から農業法人に移行。実は、この転機に大きな力を発揮したのも社長でした。家族経営の農家から農業法人へと進化するため、新たに人を雇い、完全分業制を取り入れ、“朝から晩まで全員が同じ作業をする”という農業の概念を覆したのです。

「長年続く従来のやり方を変えるのは並大抵ではありませんでした。しかし、同会長には有機栽培を成功させたいという夢があり、農家出身ではない私にもこれまでのサラリーマン経験を糧に新しい農業を確立したいという野心があり、それが原動力になりました。また、なによりもありがたかったのは私の考えに賛同し、付いてきてくれた全スタッフの存在です。彼らの協力があったからこそ、どんな課題にも前向きに取り組めたと強く実感しています。」

有機栽培や法人経営が軌道に乗るまでは紆余曲折あったそうですが、いまや山口農園といえば奈良県の中山間地域で有機栽培を成功させた第一人者として広く認知されています。

「子孫のためにも有機栽培で新しい農業を確立したかった」と話す山口さん

有機栽培ノウハウを教える農業訓練学校を開設。続々と新規就農者を輩出!

山口農園の挑戦はさらに続きます。2010年からは公共の農業訓練学校『オーガニックアグリスクールNARA』を開校。農業生産法人が母体となって運営する職業訓練校は全国でも珍しく、新規就農者の育成という面でも大きく貢献しています。

「スクールを開設したことで、新規就農希望者を取り巻く環境が一変しました。雇用保険、もしくは職業訓練受講給付金を受給しながら有機栽培を学べる環境が整い、安心して夢に挑戦できるようになったのです。また、2013年にはアグリスクールからの新規独立を支援する『山口農園グループ』という仕組みも構築。学生が新規独立する際、有機JAS認定に沿って管理していた学生圃場をそのまま譲り渡すことで、独立と同時にJAS認定を受けて農業を始められるようになりました。」

さらにグループに加盟することで山口農園グループ共通のパッケージを使用することができ、新規就農者でも山口農園と同じ販売ルートを使って全国の消費地に農産物を販売できるというメリットも。栽培しても販路がないという現実に阻まれる新規就農者が多いなか、この仕組みを活用し、すでに10名の方々が独立しているのも注目すべき点です。

「山口農園」ブランドの有機野菜とアグリスクール内ハウス

山口農園以外にも、奈良には魅力的な農業法人がたくさん! ぜひその目で確かめて

様々な挑戦を続ける山口農園ですが、今後もさらなる夢があるそうです。
「ネット販売している『大和ぎょうざ』や『農家の野菜たっぷりカレー』など加工品の販売会社を立ち上げるのが目下の目標です。さらに10年後をめどに山口農園グループの全国展開を進め、有機野菜の安定供給を図りたい。また、過去に受け入れていた海外実習生との絆を活かし、将来は東南アジアに現地法人をつくりたいと思っています。日本は人口が減少していますが、世界的には人口は増えている。海外進出することでグローバルな食糧供給に貢献したいと考えています。」

そう語る山口社長の言葉を補うように日下志さんが続けます。「奈良の農業法人は大規模な運営を行っているところは少ないですが、恵まれた自然環境の中で堅実な経営を行っている法人がとても多い。その生きたノウハウを学べるのが、奈良の農業法人で働く魅力です。農業インターンシップも行っているので、実際の現場を知ってから就農を決めることもできます。」

奈良農業の魅力について語る会長の日下志さんと新発売「農家の野菜たっぷりカレー」

国や県、市町村の支援もあり、奈良県の新規就農者は年々増えています。自分の夢とやりがいに加え、社会にも貢献できるのが農業。そんな誇れる仕事に、ぜひ奈良県で取り組んでみませんか。

真心のこもったおいしい野菜を作る農園の皆さん

【お知らせ】

◆農のマッチングフェア in なら(就農・就業相談会) 
開催日:2018年8月25日(土)
時間:13:00~16:30
場所:奈良県文化会館 2F 集会室A・B
対象:奈良県の農業に興味のある方

◆イベントのお申し込み《イベントのチラシはこちらから》
奈良県農業会議(奈良県農業法人協会事務局)
TEL:0742-22-1101
E-mail:nokaigi@silver.ocn.ne.jp

◇奈良県農業法人協会 
〒630-8501 奈良市登大路町30番地(県庁分庁舎内)
TEL : 0742-22-1101

【関連リンク】

山口農園のホームページはこちら
奈良県農業法人協会のホームページはこちら

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧