無肥料自然栽培の野菜で元気をチャージ! 初夏に食べたいおすすめレシピ – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > 無肥料自然栽培の野菜で元気をチャージ! 初夏に食べたいおすすめレシピ

ニュース

無肥料自然栽培の野菜で元気をチャージ! 初夏に食べたいおすすめレシピ

無肥料自然栽培の野菜で元気をチャージ! 初夏に食べたいおすすめレシピ

最終更新日:2018年08月08日

自然農法のお米や野菜、化学合成添加物不使用の調味料や生活用品などを取り扱うショップ「サン・スマイル」。直接取引している全国の農家さんは100軒以上で、代表の松浦さんは無肥料自然栽培の野菜のすばらしさを伝える講演会なども行っています。アットホームな店舗では、お料理教室や子育ておしゃべり会などのイベントも。そんなお店のスタッフのみなさんに、お店の美味しい野菜を使った家庭料理を教えていただきました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

無肥料自然栽培の生産者と消費者をつなぐ八百屋でありたい

埼玉県ふじみ野市に、無肥料自然栽培の世界ではちょっと知られたお店があります。それが、自然食のお店「サン・スマイル」。店長の本道由樹子(ほんどう・ゆきこ)さんに、お店のヒストリーと無肥料自然栽培の野菜の魅力についてお話を伺いました。

子供のころから見てきた、おいしい野菜の素晴らしさ

―どんなきっかけでお店を始めたのですか。

このお店は、私の弟・松浦智紀(まつうら・とものり)が代表を務めています。始めたきっかけは、子供のころにさかのぼります。うちは母が病弱で、食事にも気をつかう必要がありました。いろいろ試すうちに、農家さんから野菜やお米を直接購入するようなったのですが、それを食べるうちに段々元気になってきたんです。
子供のころから、間近で野菜の力、農家さんたちの素晴らしさを見てきましたから、弟は農家をめざすことになります。でも、勉強するうちに、本当においしい自然栽培の野菜は、うまく流通にのっていないと感じたそうです。熱心に野菜を作っている方々は、商売の方は苦手という方も多いので。でも、それは生産者にも生活者にとっても残念なことですよね。しかも、悪徳な流通業者が間に入ると、生産者が大変なダメージを受けていることも知りました。そこで、弟はきちんと信頼関係の上で成り立つ八百屋になろうと決めたんです。

店長の本道由樹子さん

―お店の特色を教えてください。

創業は1997年。私はお店の立ち上げから一緒にやってきました。サン・スマイルでは、実際に足を運んで、おいしい作物を作っていると思った素敵な農家さんの作物を主に取引しています。北海道から沖縄まで、1500カ所以上の農家さんを見てきました。
今では、無肥料自然栽培を始めたいと農家さんから相談を受けることも多くあります。そんなとき、うちでは安易にYES、NOでお返事はせず、畑の面積や栽培する野菜の種類、売り上げ目標など、細かく伺ったうえで、アドバイスをするように心がけています。
また、農業は天候などでその年の生産量が左右される厳しいお仕事です。うちでは、それも踏まえて、毎年不作でも豊作でも同じ金額で必ず取引することを農家さんにお約束しているんです。そうすることで、生産者の方に安心して、農業に打ち込んでいただけるので。
お店で販売している野菜やお米も基本的に毎年金額は変わりません。自然農法の野菜は高いというイメージを持つ人が多いですが、社会で野菜の価格が高騰しているときは、逆にうちが安いと驚かれることもあるんですよ(笑)。

店内には、旬の野菜や果物がずらり。無添加の調味料やフルーツジュースなども販売

無肥料自然栽培の野菜は体に優しい味わい

―無肥料自然栽培の野菜の魅力はどんなところだと思いますか?

無肥料自然栽培の野菜と聞くと、たくましく育った味が濃い野菜をイメージされる方が多いみたいです。でも、実際は体になじむ優しい味わいという表現が合っているかな、と私は思います。体が弱っていて何も受け付けないときに、無肥料自然栽培の野菜だけは食べられたという話はよく聞きます。それは、体に負担が少ないからではないかと思っています。野菜の味わいをしっかりと感じられるので、調味料を少なく調整していただけます。無肥料自然栽培の野菜に変えただけで、料理上手になったと言われる方もいるほど、おいしいんです。

無肥料自然栽培の野菜たち。見た目もみずみずしく、栄養がたっぷり入っていそう!

夏野菜を美味しく食べる3つのレシピを公開!

サニーレタスの手巻き寿司

サニーレタスを海苔代わりにした、ヘルシーな手巻き寿司。とにかくサニーレタスをたっぷり食べられます。パーティメニューにもおすすめ。
農業

材料 ※分量は好みで調整してください
・サニーレタス 
・スモークサーモン
・ハム
・スライスチーズ
・ちくわ

・冷しゃぶ豚肉 
・焼肉のたれ

・塩麴…大さじ1
・オリーブオイル…大さじ3~4
・トウモロコシ…缶やパウチパックのものを使用
・ツナ
・サラミ
・マヨネーズ

<作り方>
1.冷しゃぶ豚肉をフライパンで炒め、焼き肉のたれで味付けし、お皿に並べます。
2.サニーレタス、スモークサーモン、ハム、スライスチーズ、半分に切ったちくわをお皿に並べます。
3.オリーブオイルに塩麹を入れて、塩麴ドレッシングを作ります。
4.サラミを食べやすい大きさにカットし、ツナ、トウモロコシを加え、マヨネーズと混ぜて、ツナマヨドレッシングを作ります。綺麗に盛り付けて完成です。

夏野菜の揚げびたし

ダシの味がしっかりと野菜にしみ込んで、野菜の甘みを引き立て、爽やかなショウガがアクセントに。
農業

材料 ※2~3人分
・ナス 3本
・インゲン 10本
・ニンジン 3センチ
・揚げ油

A
・酢ショウガ
・ダシ醤油(濃縮タイプ) 大さじ2
・長ネギ 10センチ

<作り方>
1.野菜をカット。ナスは乱切りに、インゲンは4~5センチの長さに、ニンジンは短冊の薄切りにします。
2.1の野菜を油で素揚げし、火が通ったらボールに入れます。底に溜まった油はキッチンペーパーなどで吸い取り、器に移します。
3.Aを混ぜ、2と絡めたら完成です。
※好みで他の野菜(ピーマン、タマネギ、オクラ、カボチャ、サツマイモなど)でも、お試しください。

酢ショウガの作り方
酢にショウガのみじん切りをひと晩以上漬け込んだら完成。
なければ、ショウガのみじん切りに大さじ1、酢1を混ぜて代用を。

夏野菜と冷しゃぶ(お肉の代わりに厚揚げでも)

豚肉がツルンと食べやすく、青ジソの風味やキュウリやレタスの食感も美味。野菜もお肉もたっぷり食べて、暑い夏を乗り切ろう!
農業

材料 ※3~4人分
・豚肉 150グラム ※厚揚げでもokです
・片栗粉 適量
・タマネギ 1/2個
・キュウリ 1本
・青じそ 5枚
・レタス 3枚

お好きなドレッシング

<作り方>
1.豚肉に片栗粉をまんべんなくまぶします。
2.沸騰したお湯に1を入れ、火が通って豚肉の色が変わったらザルに取り出します。
※ここで、自然に熱が冷めるのを待つと、お肉がやわらかく、良い食感に。
3.タマネギ、キュウリ、青じそ、レタスを洗い、食べやすいサイズに切り、お皿の下に敷きます。豚肉をのせ、お好きなドレッシングをかけて完成です。

サン・スマイルでは野菜の配達も

無肥料自然栽培の野菜を食べてみたいと思ったら、電話での注文もできるほか、定期セット便もあります。環境にやさしく、豊かな大地を育む栽培方法で作られた宅配野菜のおいしさは感動的。Sセット約5~6種類の野菜が入って、本州・四国まで消費税・送料込みで2322円~。

写真は、Mセット2808円(消費税・送料込み)。その時期に採れた約6~8種類の野菜が入っています


 

サン・スマイル

サンスマイル

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧