酪農畜産業界への就農を目指す方へ。1/19「マイナビ就農FEST」参加者募集

マイナビ農業TOP > ニュース > 酪農畜産業界への就農を目指す方へ。1/19「マイナビ就農FEST」参加者募集

PR

ニュース

北海道

酪農畜産業界への就農を目指す方へ。1/19「マイナビ就農FEST」参加者募集

酪農畜産業界への就農を目指す方へ。1/19「マイナビ就農FEST」参加者募集

最終更新日:2018年11月27日

株式会社マイナビは、酪農・畜産業界に特化した「マイナビ就農FEST」を、2019年1月19日(土)に札幌で開催します。当日は北海道の酪農・畜産業界の生産者や農業法人が集まります。入退場自由、入場無料です。酪農畜産業界に興味関心を持っている方をはじめ、北海道の大自然を感じながら自分らしい働き方をしたいあなた! ぜひ足を運んでみてください。
開催日時:2019年1月19日(土) 13:00~17:00
会  場:株式会社マイナビ マイナビルーム(札幌市中央区北2条西3丁目1-20 札幌フコク生命越山ビル10F)
事前予約&会場先着来場50名様に、1000円分のクオカードをプレゼントします(予約なしでイベントにご参加いただけます)。
予約はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE

1/19(土) 出展企業からのメッセージ

えんゆう酪農ヘルパー利用組合

酪農家の定期的な休暇を取る際に、酪農家に代わって搾乳、飼料給与、哺乳、牛舎清掃などの作業を行う仕事です。また、酪農家が病気、けがにより長期間の療養が必要な場合も支援しております。酪農家の手助けをして、地域の酪農を支えるのが私達酪農ヘルパーの役割です。牛は繊細な生き物なので、細かな気配りができる女性酪農ヘルパーも活躍しております。勤務時間は酪農家により時間帯が異なりますが、夕方4時間、朝4時間程度の酪農にかかわる作業を行います。酪農ヘルパーが酪農家と事前打ち合わせを行い、1名~3名体制で夕朝の作業を行います。最初は酪農家での研修、先輩ヘルパーと一緒に仕事をしたり、ヘルパー養成研修に参加するので、技術や知識がないという方でも大丈夫です。業務地域は旧上湧別町、旧遠軽町、旧生田原町、旧丸瀬布町、旧白滝村と広範囲です。毎月の休み、盆休み、年末年始の休み、社会保険、退職金制度もあり働きやすい職場です。また今後は広域活動による業務拡大をするため、ヘルパー数を増やして事業運営を行っていきたいと考えています。

DATA・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
えんゆう酪農ヘルパー利用組合
北海道紋別郡湧別町上湧別屯田市街地230番地
TEL:01586⁻2⁻2163
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

有限責任事業組合 帯広畜産センター

帯広市は中規模な酪農地帯であり、新たに設備投資をして機械的に酪農をされている方や、昔ながらのミルカーや手作業で給餌などを行い酪農をされている方もいますので、多くの知識や現場での経験を積むことができます。また、年に数回十勝NOSAI獣医師や普及員、十勝農協連職員を講師としてお招きし勉強会を開催しており、JA等主催の講習会等にも参加することが可能ですので、未経験の方でも幅広く知識を学ぶことができます。

帯広畜産センターは、長期で働いていただける方を望んではおりますが、将来の目標がある方のステップアップとしても帯広畜産センターで酪農ヘルパーとして勤めていただいても問題はありません。そういった方であっても、帯広畜産センターは大特・作業機免許資格取得に対して半額補助を行っております。

また、社宅を完備しており、寮費2万3000円ですが、住宅手当を1万円支給しますので実質1万3000円で住むことができます。社宅から会社まで車で2分程、帯広市街地までは車で5分程ですので、非常に利便性がよく生活面で心配することはありません。

ぜひ、将来のステップアップの場として帯広市の酪農ヘルパーで働きませんか?

DATA・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
有限責任事業組合 帯広畜産センター
北海道帯広市川西町基線57番地3
TEL:0155-59-2974
HP:http://www.obihiro-tikusan.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

株式会社東武牧場

東武牧場は、北海道の北部に位置する士別市で、平成11年に農事組合法人として設立しました。仔牛を育てる素牛(ホルスタイン雄)の育成、販売を行い、常時約3300頭を飼育。年間で約6000頭を出荷しています。
牛は、人間の気持ちに応えてくれる生き物です。1頭1頭の健康状態を細かく観察しながら、わずかな変化を見逃すことがないよう、牛に接しています。肉用素牛の生産を担っているという自覚と誇りを持って、どこに出しても恥じることのない、健康な牛づくりに励んでいます。
また、牧場の牛の排泄物を独自の堆肥製造施設で堆肥化し、地域の農家に還元。地域とともに発展を目指します。
昨今、農業の後継者不足が問題視されていますが、私たちは、他産業の企業的発想や経営感覚を取り入れ、仕事をしていて楽しい農業、明るい農業を目指します。後継者が育つような農業基盤を確立するべく、スタッフ同士、コミュニケーションを密に取りながら、和気あいあいとした雰囲気の中で働いています。
経験を積みながら学ぶことができるので、未経験者も歓迎です。
酪農に興味のある方、ご応募をお待ちしています。

DATA・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株式会社東武牧場
北海道士別市武徳町44線東8号
TEL:0165⁻23⁻1548
携帯電話:090⁻8371⁻3469
FB:https://ja-jp.facebook.com/Toubufarm/
メールアドレス:to-bu@beige.plala.or.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

有限会社 別海町酪農研修牧場

別海町酪農研修牧場で、家族と大草原で牛飼いをしませんか! 研修から就農まで責任を持ち、確実に就農することができます。ぜひご相談を!

別海町酪農研修牧場は、酪農王国と言われる北海道の中で唯一、一つの町で10万頭を超える牛が飼われている別海町で、全国から”酪農に夢を抱く”方々を受け入れ独立就農に必要な研修を行い、新規就農まで責任を持ってサポートする牧場です。平成9年度から研修牧場に入所した研修生の70組以上が新規就農を実現しています。

研修生は、研修手当(月額生活費)を受けながら、各種専門家の協力の下で確立された研修プログラムにより、酪農経営に必要な知識、技術の習得を目指した研修を行います。研修期間は原則3年間となりますが、経験や力量の程度により研修期間を調整(短縮)します。

生乳生産量日本一の町には、牛にも人にも優しい“大自然”と、仕事も子育ても助け合う、“地域の絆”があります。家族の時間を大切に生きる酪農家の暮らしを別海町で始めてみませんか?あなたの夢の実現のために応援します!

DATA・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
有限会社 別海町酪農研修牧場
北海道野付郡別海町西春別347番地63
TEL:0153-77-1050
HP:http://betsukai-kenboku.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北部檜山酪農ヘルパー利用組合

北部檜山酪農ヘルパー利用組合は、北海道の道南檜山管内のせたな町で活動しています。
道内でも温暖な気候で過ごしやすい地域です。酪農のほかに、水稲・馬鈴薯・肉牛・ホウレンソウ・スナップエンドウなどバリエーションに富んだ農業地域です。

せたな町の酪農は家族労働で30~50頭規模が大半です。毎日安心安全で、良質な生乳を生産しています。そんな酪農家の休日を今以上に確保できるよう、朝・晩の酪農家の仕事を代わりに実施する酪農ヘルパー職員を募集しています。
社会保険完備・賞与・福利厚生の面でも働きやすい職場になっています。

また、酪農ヘルパーを実施してからの新規就農など、町などと連携し支援体制も整えています。

男女問わず興味がある方・未経験の方でも大歓迎です。ご応募お待ちしております。
せたな町で働いてみませんか?

DATA・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
北部檜山酪農ヘルパー利用組合
北海道久遠郡せたな町北檜山区豊岡86‐1
TEL:0137⁻84⁻5019
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧