駆け込みふるさと納税に野菜栽培キット!【枯れ専かーちゃんのベランダ菜園・番外編】

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 駆け込みふるさと納税に野菜栽培キット!【枯れ専かーちゃんのベランダ菜園・番外編】

ライフスタイル

駆け込みふるさと納税に野菜栽培キット!【枯れ専かーちゃんのベランダ菜園・番外編】

連載企画:枯れ専かーちゃんのベランダ菜園

駆け込みふるさと納税に野菜栽培キット!【枯れ専かーちゃんのベランダ菜園・番外編】

最終更新日:2018年12月11日

この時期何かと話題になる、「ふるさと納税」。豪華な返礼品が注目されますが、知らなかった地方の特産品などを“お試し”できるのも魅力です。野菜を育てるベランダーとしては、土地の野菜も気になりつつ自分で育てたい気持ちもある。そんな観点から探してみると、家庭菜園やベランダ菜園を手軽に楽しめるグッズもちらほら……。なかでも土地の個性がギュッと詰まった栽培キットの返礼品を3つ紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

ふるさと納税で栽培キット!?

師も走るという12月も半ばです。
家庭菜園やベランダ菜園の寒さ対策は万全でしょうか? 大掃除は進んでいますでしょうか? そして、期限が近づいたふるさと納税はお済みでしょうか……?

まだ申し込みが済んでいない、あるいは忘れていたという方も大丈夫。育てる楽しみができてエコで安全性も高い、そんな栽培キットを見つけました。納税先に迷ったら、こんなキットを作っている自治体はいかがでしょうか。

四万十のショウガを自宅で気軽に栽培

「掘りたて『ポカポカ初体験!』土の匠のしょうが栽培キット」【高知県四万十町】

「最後の清流」とも言われる四万十川。その中流域に位置する四万十町は、自然豊かな土地でショウガの栽培が盛んで、ショウガ生産が日本一の高知県の中でも最も多い収穫量を誇るといいます。
そんな四万十町ののショウガを自宅で栽培できるのが、「土の匠のしょうが栽培キット」です。同町内で肥料や培養土などの農業資材を製造・販売する有限会社「石元商店」の石元伸佳(いしもと・のぶよし)さんが開発しました。

キットの内容は、石元商店が開発したオリジナルの培養土「四万十畑シーズン②」に不織布のプランター、四万十町産の根生姜、液肥のセット。同社は地元の生姜農家向けに、特別栽培に対応し、ゆっくり長く効く緩効性肥料を長年研究。「四万十畑シーズン②」はそのノウハウを生かして肥料などをブレンドした独自の培養土だそう。

生姜は4月〜5月に植え付けて秋に収穫するのが一般的であるため、栽培キットの発送は3月中旬の予定。石元さんは「生姜が育つ様子を気長に楽しみながら、収穫の喜びを是非味わってほしい」と話しています。

気長に待てないせっかちさんには、培養土「四万十畑シーズン①」を使用したパクチーの栽培キットもあります。同社では今後、栽培できる野菜の種類を増やしていく予定だといいます。

【地域】高知県四万十町
【寄付金額】10,000円〜
【申し込み期限】3月10日まで
【返礼品の内容】培養土(四万十畑シーズン②)、不織布のプランター、根生姜、液肥

掘りたて『ポカポカ初体験!』土の匠のしょうが栽培キット

人より牛が多い町で生まれたミルク肥料

「ミルキーパワープラント」【北海道別海町】

北海道の道東にある別海町では、発酵ミルク有機肥料の「ミルキーパワー」と栽培キット「ミルキーパワープラント」のセットを返礼品として出しています。

「別海町は乳牛が11万頭いるのに対して、人間が1万5千人しかいないんです」。

そう話すのは、栽培キットを製造・販売する株式会社「バイオマスソリューションズ」の柳谷紫(やなぎや・ゆかり)さんです。柳谷さんによると、同町内には大手乳業メーカーの工場が軒を連ねており、乳業メーカーから排出される“乳製品残渣(ざんさ)”を有効活用する目的で「ミルキーパワー」が誕生したそう。

モトが牛乳と聞けば、聞くからに栄養価が高そうなイメージです。実際に成分を分析するとリン酸が多く含まれており、ナスやトマトなどの実物をはじめ葉物にも向いているそう。農家の方からも「効きが良い」「匂いが少なく虫がつきにくい」と好評だといいます。

栽培キットはバジル・イタリアンパセリ・ルッコラ・パクチーの4種類があり、種、ポット、培養土、肥料がキットに含まれています。返礼品の組み合わせも、栽培キットのみのものや、別袋の肥料が付いてくるもの、トートバッグやTシャツがつくものなど複数のパターンから選択可能です。

【地域】北海道別海町
【寄付金額】20,000円〜
【申し込み期限】随時
【返礼品の内容】ミルキーパワープラント2個、ミルキーパワー500g×2袋、ミルキーパワー120g×4袋

(※)寄付金額、返礼品の組み合わせには複数の選択肢があります。

ミルキーパワープラント

三崎マグロのPRと資源の再利用で一石二鳥

「食彩GARDEN三浦やさい栽培キット」【神奈川県三浦市】

マグロの残渣を活用した肥料もありました。

ところは神奈川県三浦市。日本有数のマグロ水揚げ量を誇る三崎漁港を有し、水産加工業も盛んな地域です。そんな三浦の水産加工会社や農家、種苗店の協力のもと、商品が誕生しました。

開発したIT・デザイン制作の合同会社「オン・ザ・ハンモッグ」の桑村宰知子(くわむら・さちこ)さんによると、マグロ肥料は三崎の冷凍マグロを加工する際に出る残りかすを粉末化し、微生物や米ぬかなどを加えてペレット化。窒素成分が多く含まれており、農家の実証実験では発芽率が高いという結果も出たそう。

栽培キットの内容は、野菜の種、マグロ有機肥料、水で膨らむ培養土、土に還るエコポットに育て方ガイドとレシピ付き。野菜の種はバジル、パクチー、パセリ類のほか、ルッコラやミニトマトなどの選択肢が今後加わる予定だといいます。

現在はふるさと納税の返礼品のほか、オンラインショップや横須賀市内などの一部の土産物店で販売。桑村さんは「今後は購入できる場所を増やし、三浦市の代表的な土産物になれば嬉しい。引き出物やギフト品としてもPRしたい」としています。

【地域】神奈川県三浦市
【寄付金額】10,000円〜
【申し込み期限】随時
【返礼品の内容】「食彩GARDEN三浦やさい栽培キット」3個

(※)寄付金額、返礼品の組み合わせには複数の選択肢があります。

食彩GARDEN三浦やさい栽培キット

栽培キットを園芸の入り口に

生姜栽培キットやミルキーパワープラントは、もともと農家向けに開発し評判の良かった肥料を一般の方にも手に取りやすい形に商品化したもの。一風変わった肥料を試してみるつもりで栽培キットを利用するのもいいかもしれません。

ミルキーパワープラントの柳谷さんは「何か育ててみたいけれど経験がない方にも手にとっていただき、園芸人口が広がれば」と期待を寄せます。キットを入り口に、来年は栽培生活を始めてみるのはいかがでしょうか。

◆ベランダ菜園の底なし沼へようこそ。次回、ベランダ野菜が大収穫!?
【枯れ専かーちゃんのベランダ菜園】シリーズ一覧はコチラ!

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧