低コスト水耕栽培をトータルサポート!兵神ファームが無料見学会を実施中

マイナビ農業TOP > マーケティング > 低コスト水耕栽培をトータルサポート!兵神ファームが無料見学会を実施中

PR
マーケティング

低コスト水耕栽培をトータルサポート!兵神ファームが無料見学会を実施中

低コスト水耕栽培をトータルサポート!兵神ファームが無料見学会を実施中
最終更新日:2019年01月25日

兵庫県加古郡播磨町の兵神(へいしん)ファームでは、ビニールハウスを使用した水耕栽培を提案しています。新規参入者にも始めやすい低コスト設備『オンディーネVH』は、分かりやすい栽培方法が魅力。企業や社会福祉法人が新規事業として導入する事例も増えています。農場を訪ね、専属スタッフの澤田愛子(さわだ・あいこ)さんと中井さや香(なかい・さやか)さんに詳しく伺いました。

初心者でもできる水耕栽培

私たちがサポートします。低コスト水耕栽培のご相談をおまちしています!

初期投資は植物工場の10分の1以下~

新規就農者や小規模農家でも導入できる水耕栽培システム『オンディーネVH』を展開する兵神ファーム。『オンディーネVH』はビニールハウスでできるシンプルな設備です。LEDや制御装置を使用する植物工場に比べると初期投資費用が10分の1程度に抑えられるため、既存の土耕栽培農家だけでなく農業未経験者による参入が増えています。

手厚いサポートとJGAPが信頼に

兵神ファームの人気の秘密は、初期投資費用が安いだけではありません。はじめて水耕栽培をする人のためのサポート体制が徹底されており、ていねいな指導が新規参入者から高い評価を得ています。水耕栽培設備の営業担当澤田愛子さんと、農学部出身で専門知識が豊富な栽培技術担当中井さや香さんなど、設備だけではなく栽培サポートができる体制を整えられております。

澤田中井「私たちは、ハウスの設計や技術指導はもちろんですが、導入後の収支シミュレーションまでトータルにサポートしています。この水耕栽培システムは、ノウハウや情報がない人でも農業を営んでいける仕組みを作りたくて開発したものです。導入してくださったお客さまには少しでも力になりたいんです」。
女性ならではの優しいサポートは初心者にとって心強いものです。

さらに、兵神ファームはJGAP認証を取得しています。JGAPは“食の安全”や“環境保全”に取り組む農場に与えられる認証です。2020年東京で行われる世界大会で提供する農作物の基準を満たすものとして、組織委員会が認めている認証でもあります。

水耕栽培が適している人とは

露地栽培+水耕栽培で生産性を向上

では、今までどのような人が兵神ファームの水耕栽培を導入してきたのでしょうか。お客様すべての農場に足を運んでいるという澤田さんに、事例を教えていただきました。

兵神ファーム第1号のお客様 (兵庫県三木市 Agri-Style様)。現在では更に増設し、規模もアップされています。

澤田「はじめてのお客様はブドウ農家さんでした。すでに露地栽培でブドウを生産していたのですが、年間を通じて収穫できる新たな作物を探していました。水耕栽培は回転率が高く、例えばベビーリーフは年間17毛作が可能です。土耕栽培だと片付け、耕転、畝立てなど多くの工程を踏まないといけませんが、水耕栽培はパネルを交換するだけです。天候に左右されないので計画通りの安定生産が期待できます。生産性を上げたい既存の農家さんに適していると思います」。

社会福祉法人や企業の新規事業として

水耕栽培は作業がパターン化されていて分かりやすく、土耕栽培に比べると体力的な負担が少なくすみます。

澤田「『オンディーネVH』は、はじめて農業をする人にとって本当に良いシステムです。組織が新たな労働を生み出すのにも水耕栽培は適しています。特に社会福祉法人での導入が増えていて、障がいを持つ方にとっても作業がしやすいのが利点です。他には、スーパーマーケットやレストランがお店の近くにビニールハウスを建ててはじめるケースがあります。栽培した野菜はお惣菜などに使えますし、水耕栽培が多角経営のひとつの選択肢になっています」。

この他にも、実家の空いた土地や休耕田の活用として導入した人がいるそうです。10アールの面積で年間1000万円売り上げた事例もあります。新たな雇用を生み出し、若い人を呼び込む地域おこしにつながる可能性もあると澤田さんは言います。

実際の設備を見に行こう!


薄膜式水耕栽培(NFT方式)を採用。ごく浅い養液を川のように流す方式。使用水量が少ないのでランニングコストが安いのが魅力です。

リーズナブルな自動管理装置

『オンディーネVH』の内部設備は、栽培棚・養液循環システム・肥料濃度管理装置の3つで構成されています。

澤田「スライド式栽培棚の利点は、栽培面積が通常ハウスの2倍に拡大することが可能なところです。一人でも簡単にスライドできて腰もそれほどかがめないので身体もラクです」。
収穫量の大幅アップも期待できそうです。

水や液体肥料の管理はどうするのかを伺いました。
中井「弊社はもともと船舶ポンプなどを製造する機械メーカーなので、水の専門家ならではの技術を生かして、肥料の濃度やハウス内の環境制御などは機械で自動管理できるようにしました。機械メーカーだからこそ、比較的手軽な値段で装置を提供することができます」。


肥料(EC)濃度管理装置のみの販売も可能で、今まで有名な花農家さんなども購入されており、水耕だけではなく、さまざまな作物の栽培に使用ができるそうです。

まずは自社農場の見学会へ

兵神ファームの見学会。設備見学、収支シミュレーションのご案内、その他質疑応答スタイルで実施。

最後にこの事業での夢を語っていただきました。
澤田「私たちの水耕栽培をきっかけに、全国の農家さん同士の繋がりが生まれてくれたらいいなって思うんです。農家さん同士の関係が深まれば、日本の農業をもっと元気にしていけるんじゃないかって。今はまだ西日本でしか導入されていないので、これからは東日本にも『オンディーネVH』を広めていきたいですね」。

兵神ファームでは無料の見学会を毎月2回実施しています。見学会では、実際の設備を見ながら詳しい説明を聞くことができます。参加を希望される方は申込みフォームか電話でお問い合わせください。

熱意あふれる彼女たちと一緒に、水耕栽培に夢を託してみませんか? 元気いっぱいの2人が農場で待っています!

【問い合わせ】
兵神ファーム(兵神機械工業株式会社)
住所(本社):〒675-0146 兵庫県加古郡播磨町古田1丁目5-30
TEL :079-436-3355/FAX : 079-436-3014
受付時間:9:00~17:00(平日)

兵神ファームのホームページはこちら
見学会フォーム 申込みはこちらから!
(※観光農園としての見学はお断りしております)
見学会の様子はこちら

ソーシャルメディア(自社農場やお客様ハウスの様子などを発信しています)
Facebook
Instagram

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧