『第3回 農業Week大阪』に最新の農業技術が集結! 主な見どころを先取り

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 『第3回 農業Week大阪』に最新の農業技術が集結! 主な見どころを先取り

農業ニュース

『第3回 農業Week大阪』に最新の農業技術が集結! 主な見どころを先取り

『第3回 農業Week大阪』に最新の農業技術が集結! 主な見どころを先取り
最終更新日:2019年04月04日

西日本最大(※)の農業総合展「第3回 農業Week大阪」が2019年5月22日(水)から24日(金)の3日間、インテックス大阪(大阪市住之江区)で開催されます。農業に関わる最新技術や資材、その他サービスが一堂に会するこのイベントには、国内だけでなく、海外も含め多数の農業関係企業・団体が出展予定。今年はどんな新しい展示があるのか、その見どころをマイナビ農業が先取りしてお伝えします。
※同種の展示会との出展社数の比較

農業関係者ならチェックしたい新しい技術やサービスが集結

昨年は「第2回 関西農業ワールド」として開催し、241社が出展、1万8000人以上が来場した本イベント。今年は名称を「農業Week大阪」と改め、西日本最大の農業総合イベントとして注目を集めています。
今年は、スマート農業や植物工場など最新の農業技術を紹介する「関西次世代農業EXPO」、農業に関わる資材が一堂に会する「関西農業資材EXPO」、加工・販売するための機器・サービスが集結する「関西6次産業化EXPO」の3展で構成。国内だけでなく、海外も含め農業関係企業および団体約280社が出展を予定しています。

農業界が注目する2つの分野でフェア新設

今回から「スマート農業フェア」と「畜産フェア」が新設。スマート農業フェアでは、ドローンや農業ロボットなどのほか、農家の負担軽減や品質向上につながるシステムの出展など、最新技術に出会えます。また、畜産フェアでも養豚・養鶏・養牛に関する幅広い資材・設備を紹介。夏の猛暑や防疫の対策にも役立ちます。

中小農家にも導入しやすい製品の出展も

マイナビ農業の記事でも注目の害獣対策や、小さな圃場でも導入しやすい管理システムに関するブースも多く出展。その中でも注目の2社を紹介します。

害獣対策だけじゃない 幅広く農家のニーズにこたえる「ランドステッチアンカー」

画像提供:株式会社キャムズ

シカやイノシシなどの獣害に悩む農家に、獣害対策用のフェンス等を提案している株式会社キャムズ。個人でも施工が可能な、簡単でシンプルな構造の商品の開発をしています。
今回の出展で特に注目なのが「ランドステッチアンカー」というワイヤーに通して網と地面とを縫うように固定するアンカー。網と地面の間に隙間を作らずしっかりと固定することで、従来のペグ(固定用の杭)の弱点であった動物による掘り返しなどにも対応できます。
打ち込み後にワイヤーを引っ張ることでアンカーを回転させるという、打ち込みやすく抜けにくい構造が特徴。その強度の高さからフェンスだけでなく、ビニールハウスやテントの固定など、農家にとって幅広い用途の展開が期待されています。
ブースでは、アンカーの引き抜き抵抗値をクイズ形式で実演する予定で、施工性の高さとその強さを実感できます。
まずはブースでランドステッチアンカーの性能を確かめてみては。

中小規模の農家も導入しやすい「みどりクラウド」

画像提供:株式会社セラク

「圃場の見回りや生育状況の確認は経験と勘で」という方も、最近の気象の変化への対応は難しいもの。そこで圃場の状態をICTでモニタリングしてみては。
株式会社セラクが展開するのは「みどりクラウド」。圃場環境を自動で計測・記録する「みどりボックス」を設置し、手元の「みどりモニタ」アプリで離れた場所でも圃場環境を確認できます。さらに、日本GAP協会推奨の栽培計画と農作業の記録を行うことができる農場管理システム「みどりノート」を併用することで、農作業と環境データを組み合わせて分析が可能となり、コスト削減や収量アップをめざせます。みどりボックス本体は最小限の構成であれば10万円と、中小規模の農家でも導入しやすい価格帯です。
農業Week大阪のブースでは、みどりボックスの実物やモニタリング画面が展示されるので実物を確認しながら検討が可能。また、担当者から実際の圃場の状況に応じた話が聞けるので、実際の設置状況をイメージしやすくなっているとのことです。

ここでしか聞けない農業のトップランナーの特別講演

農業関係者だけでなく、これから参入しようとする企業や新規就農を希望する人にも価値のある講演やセミナーも多数開催。新規就農の経験談やこれからの農業ビジネスの展望、更には最新技術に関する発表など、各分野で注目のトップランナーの生の声を聞くことができます。
なお、特別講演(無料)、専門セミナー(有料)ともに事前予約が必要ですので、申し込みはお早めに。

特別講演(無料)

5月22日(水)

10:30-11:30 「アグリ・フードチェーンプラットフォーム」の確立に向けて 富士通(株) スマートアグリカルチャー事業本部 エキスパート 若林 毅
13:00-14:00 スマート農業とスマートフードチェーンの展望 ベジタリア(株) 代表取締役社長 小池 聡
15:30-16:30 無限の可能性 明るい未来の農業を創出する凍結解凍覚醒法 農業法人(株) D&Tファーム 取締役技術責任者 研究室長 田中 節三
15:30-16:30 IoT/AIによる働き方改革 農家に今必要なものとは (株)Trex Edge 代表取締役社長 池田 博樹

5月23日(木)

10:30-11:30 ヤンマーが考える未来の農業 ヤンマーアグリ(株) 開発統括部 先行開発部 部長 日髙 茂實
13:00-14:00 ドローン産業の現状および農業用ドローンの課題 (一社)日本ドローンコンソーシアム 会長 野波 健蔵
15:30-16:30 農業をなりたい職業No.1に!若手農家のトップが語る農業のあり方 全国農業青年クラブ連絡協議会 会長
(有)たけもと農場 代表取締役 竹本 彰吾
15:30-16:30 NTTグループが描く未来農業 日本電信電話(株)研究企画部門 食農プロデュース担当部長 久住 嘉和

5月24日(金)

10:30-11:30 JA全農がめざす農業ICTの取り組み~営農管理からドローン活用まで~ 全国農業協同組合連合会 耕種総合対策部 部長 永島 聡
13:00-14:00 最新DJI農業ドローンの機能説明とこれまでの導入実績 DJI JAPAN(株)農業ドローン推進部 マネージャー 岡田 善樹
15:30-16:30 砂漠の農業大国イスラエルに学ぶハイテク農業 ~自動化・省力化が日本の農業を変える (株)サンホープ 代表取締役社長 兼 日本イスラエル商工会議所 副会頭 益満 ひろみ
15:30-16:30 異業種からの植物工場ビジネス参入、黒字化までの道のり (有)新日邦 アグリ事業部 部長 甲斐 剛

専門セミナー(有料)

5月22日(水)

10:30-11:30 野生動物による農作物被害を確実に減少させる対策 (国研)農研機構 西日本農業研究センター 畜産・鳥獣害研究領域 鳥獣害対策技術グループ長
麻布大学 獣医学部 客員教授 江口 祐輔
13:00-14:00 自然と共存しながら、利益をあげていく稲作とは~伊予西条を自然栽培の聖地に!~ 土と暮らす 代表
全国農業青年クラブ連絡協議会 副会長 首藤 元嘉
15:30-16:30 農業新時代のアグリビジネス2019~国内外で成長し続けるアグリビジネスを日本企業の農業参入に活かすには~ アグリコネクト(株)代表取締役CEO 熊本 伊織

5月23日(木)

10:30-11:30 少量で不安定な農産物を売り出す工夫と挑戦 (株)坂ノ途中 代表取締役 小野 邦彦
13:00-14:00 農業を「誰でも」「どこでも」「簡単に」~新次元のモバイル農業が世界を変える!~ ネイチャーダイン(株)代表取締役社長 中島 啓一
15:30-16:30 福島県ロボットテストフィールドとイスラエルで進めている農業ロボット開発の概要について 銀座農園(株)代表取締役社長 飯村 一樹

5月24日(金)

10:30-11:30 農家の“働き方改革”を実現する、人材獲得と人材育成 (株)マイナビ 執行役員 農業活性事業部 事業部長 池本 博則
13:00-14:00 今こそ農業界の世代交代を~事業承継の問題点と解決策~ 水稲種子農家/事業承継士 伊東 悠太郎
15:30-16:30 「農・福・商」連携展開により、障がい者40名と取り組むネギ生産11ha アルファイノベーション(株)代表取締役 山田 浩太

植物工場セミナー(有料)

5月22日(水)

10:30-11:30 国内外における植物工場・最先端の農業ビジネスについて (一社)イノプレックス 主任研究員 足立 雅洋

5月23日(木)

10:30-11:30 初期投資コスト1/2、生産性2倍。コスパ最強の植物工場経営とは (株)木田屋商店 アグリ事業部 工場長 島田 悠平

5月24日(金)

15:30-16:30 育種との連動が不可欠! 植物工場最前線 千葉大学 大学院園芸学研究科 教授 丸尾 達

6次産業化セミナー(有料)

5月22日(水)

13:00-14:00 6次産業化の成功の秘訣は「一気通貫型ビジネスモデル」だ! 野村アグリプランニング&アドバイザリー(株)コンサルティング部 上席コンサルタント 仲野 真人

5月23日(木)

13:00-14:00 複合型6次化共創施設『THE NARUTO BASE』での取り組みと今後の展望 ブエナピンタ(株)代表取締役社長
(株)セカンドファクトリー代表取締役社長 大関 興治

5月24日(金)

13:00-14:00 小さく始めて「売れる商品」へと育てる6次産業化の進め方 (株)カンブライト 代表取締役社長 井上 和馬

 

第3回 農業Week大阪
【開催日時】2019年5月22日(水)、23日(木)、24日(金)10:00~18:00(最終日は17:00まで)
【会場】インテックス大阪(大阪具大阪市住之江区南港北1-5-102)
※入場には招待券が必要です。申し込みはコチラ

画像提供・協力
リードエグジビジョンジャパン株式会社
農業Week大阪 事務局
東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル18階

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧