バイエル クロップサイエンス社 ソリューション型農業の展望を発表

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > バイエル クロップサイエンス社 ソリューション型農業の展望を発表

農業ニュース

バイエル クロップサイエンス社 ソリューション型農業の展望を発表

バイエル クロップサイエンス社 ソリューション型農業の展望を発表
最終更新日:2019年10月10日

バイエル クロップサイエンス株式会社(本社:東京都千代田区)は、ソリューション型農業の現状と今後の展望について、昨年から提携関係にある中国のドローンメーカーXAG Co.,Ltd.(広州極飛科技有限公司、本社:中国・広州、以下XAG社)との共同プロジェクトや、今後のデジタルコンテンツの開発内容の記者発表を行った。

ドローンによる薬剤散布の可能性が広がる

世界の人口増加に伴う食糧需要の増加、日本の農家の担い手不足などの課題解決のための農業の省力化や効率化が求められており、バイエル クロップサイエンスは昨年から中国のXAG社と共同で、農薬の散布試験などを行っている。
バイエル クロップサイエンスのハーラルト・プリンツ代表取締役社長は「これまで日本各地でドローンの飛行のデモンストレーションや農薬散布試験を行い、様々な栽培条件や作物に関する技術が確立しつつある」として、今後化学薬品の散布量の削減の可能性にも言及した。
同社の執行役員で日本・韓国カスタマーマーケティング本部の仁木理人(にき・まさひと)本部長は、「日本の農家に対し、より効率的な営農を実現するためのテーラーメードのサービスを提供する」として、XAG社と共同してデジタルコンテンツの開発し、データの相互補完もしていくと発表した。
現在、同社ではドローンでの散布が可能な農薬31品目を登録済みで、さらに12品目の追加を予定している。これにより、現在対応可能な8つの作物(水稲・小麦・大麦・トウモロコシ・バレイショ・タマネギ・柑橘)に加えて、さらに8品目(小豆・インゲン豆、キャベツ、白菜、レタス、リーフレタス、非結球レタス、てんさい)にも、ドローンによる農薬散布が可能になるとしている。

XAG社の新ドローンP30も発表

XAG社のドローン「P30」

バイエル クロップサイエンス社の農薬の精密な散布を可能にするドローンの新機種として、XAG社の新商品「P30」の説明も行われた。登壇したXAG社のジャスティン・ゴン共同創業者兼副社長はP30の性能について、「誤差数センチの高精度の測位システムであるRTKを使用しているため、精密な薬剤散布が可能。搭載したAIによってドローンの故障を予測でき、また、スマート液剤タンクによって使用する農薬量の予測ができる」として、農家の使い勝手の良さを強調した。

関連記事
ドローンで上空から圃場をモニタリング 生育状況、病害虫の発生を把握
ドローンで上空から圃場をモニタリング 生育状況、病害虫の発生を把握
農業生産において精密な栽培管理を行うには、作物の生育を的確に把握することが求められます。しかし、作付け面積が数ヘクタールにもなる広大な圃場(ほじょう)では、生産者が歩いて見て回ることは難しくなってしまいます。そこで広大…

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧