野菜のトラブルをスマホで簡単に解決! 気軽に相談できる「かかりつけ医」のような無料アプリ

マイナビ農業TOP > 生産技術 > 野菜のトラブルをスマホで簡単に解決! 気軽に相談できる「かかりつけ医」のような無料アプリ

野菜のトラブルをスマホで簡単に解決! 気軽に相談できる「かかりつけ医」のような無料アプリ

AGRI+

野菜のトラブルをスマホで簡単に解決! 気軽に相談できる「かかりつけ医」のような無料アプリ
最終更新日:2020年10月20日

簡単な質問に「はい」と「いいえ」で答えていくだけで、野菜の病気や生理障害を診断し、その対処法をアドバイスしてくれる便利アプリの存在をご存知でしょうか。その正体は、2020年2月にリリースされたばかりの『アグリDr.』です。まずはゲームをするような感覚で試してみれば、きっとその実力に驚くことでしょう。今回はアプリの使い方やダウンロード方法、開発秘話を伺いました。

操作イメージ

操作が簡単なので、スマホに慣れていなくても大丈夫。
若手だけではなく、新しい野菜の栽培を始めるベテラン生産者の役にも立ちます。
FOCUS
  1. 農作物の病気や生理障害をアプリで診断
  2. 「はい・いいえ」で答えるだけの簡単操作
  3. 完全無料!アプリ内課金や機能制限なし

経験値をデータ化し、ベテランとの差を埋める

農業資材や園芸資材などを取り扱う専門商社として、国内トップクラスの販売シェアを誇る株式会社ニチリウ永瀬。当初、野菜育成状況診断&処方箋アプリ『アグリDr.』は、若手社員向けの営業支援ツールとして企画されたものだという。
「当社には、生産者(顧客)が直面する数々の問題に対し、最適な肥料や農薬を提案するアグリ事業部というセクションがあります。しかし、農作物の状況を見て最善の解決策を導き出すには、長年の経験が欠かせません。そこで、ベテランの経験値をデータ化し、若手社員が活躍できる環境を整えるべく、『アグリDr.』の開発をスタートさせました」とアグリ事業部事業部長の中武英一さんは話します。

無料公開することで業界全体の発展に貢献

長年の経験や知識が必要とされる病気や生理障害の診断。『アグリDr.』を活用すれば100%ではないにせよ、その経験値を補うことができます。これを無料で使えるというのは、新規就農者や事業継承を進める農家、多くの従業員を抱える農業法人、そして農業従事者を支える若手の普及指導員などにとって朗報であることは間違いないでしょう。
ニチリウ永瀬が『アグリDr.』を一般公開したのは、ベテランと若手との間にある経験値の差が自社だけの問題ではないと考えたから。「もともと自分たちのために開発したものなので、これで収益を上げるつもりはありません。多くの人に使っていただき、少しでも会社のブランド力UPにつながればいいと考えているんですよ」と、中武さんは語ってくれました。同社はこのアプリを通じて、日本の農業の発展に貢献しようとしているのです。

スマホやタブレットさえあれば誰でも簡単に使えるはず

『アグリDr.』の使い方は、作物の状態を見ながら「はい・いいえ」の質問に答えていくだけ。マニュアルがなくても直感的に使えるUIです。また、QRコードからアクセスして必要情報を入力すれば、すぐに使い始められます。無料で簡単にダウンロードできる上、機能制限などは一切ないので、まずはその実力を試してみてください。

『アグリDr.』の使い方説明



新規登録画面

アカウントの作成に必要な情報は、メールアドレスと希望のパスワード、そしてお住まいの地域だけ。個人情報は入力しないので安心して利用できます。

  • 事前にスマホの設定を「パスワードの自動入力」にしておくと便利です
  • ホーム画面にアイコンを表示しておくと、簡単にアクセス出来ます

\アグリドクターで検索、またはQRコードから/

ダウンロード用QRコードはこちら


【 取材対象者プロフィール 】
 株式会社 ニチリウ永瀬
 アグリ事業部 事業部長 中武英一 さん

「会社のブランド力が少しでも上がれば良いと思っているので、これからも有料化するつもりはありません。また、今後はAIを搭載して画像判断を可能にしたいと考えています」と語ってくれた中武さん。国内トップクラスの規模と実績を誇る農業分野の専門商社だからこそ、同社はここまで充実したアプリを無料公開することができます

[問い合わせ先]

株式会社ニチリウ永瀬

https://www.nichiryunagase.co.jp/
〒812-0013
福岡市博多区博多駅東1丁目14-3
第2サンライト東口ビル
TEL:092-433-5656
FAX:092-433-1010

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧