高知県に学ぶ「データ農業」普及のための人材育成|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 高知県に学ぶ「データ農業」普及のための人材育成

高知県に学ぶ「データ農業」普及のための人材育成

窪田 新之助

ライター:

高知県に学ぶ「データ農業」普及のための人材育成

今回は環境や管理、生体などのデータを活用した「データ農業」の普及について考えてみたい。そのために取り上げるのは前回に続いて高知県。同県では主要野菜7品目に限ると、施設内で環境データを測定する装置と炭酸ガスを供給する装置の普及率が53%に及ぶ。これだけの成果を挙げた理由に加え、この数字をさらに高める方策について、人材の育成という観点から紹介したい。

環境データの活用で5~30%の増収を達成

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧