水稲直播は鉄コーティングよりも酸化鉄!? 発熱の心配なく、ハト胸や催芽状態でも被覆可
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 生産技術 > 水稲直播は鉄コーティングよりも酸化鉄!? 発熱の心配なく、ハト胸や催芽状態でも被覆可

会員限定

水稲直播は鉄コーティングよりも酸化鉄!? 発熱の心配なく、ハト胸や催芽状態でも被覆可

窪田 新之助

ライター:

水稲直播は鉄コーティングよりも酸化鉄!? 発熱の心配なく、ハト胸や催芽状態でも被覆可
最終更新日:2021年06月21日

今回は稲作で直播(ちょくはん)の技術として広がっている、種子の「鉄コーティング」に代わりうる被覆資材を取り上げたい。使うのは、鉄は鉄でも酸化鉄。このため発熱の心配がなく、種もみがハト胸状態に催芽していてもまぶすことができる。おまけに鉄粉をまぶした後に地面や育苗箱に薄く広げて、散水する必要がない。酸化鉄を利用する愛知県西尾市の農業法人を訪ねた。

鉄コーティングは加工に手間がかかる

判治さん

吉良吉田営農組合の代表・判治さん

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧