スマート農業時代、ロボット導入が求める作業体系の変革とは|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 農業経営 > スマート農業時代、ロボット導入が求める作業体系の変革とは

会員限定

スマート農業時代、ロボット導入が求める作業体系の変革とは

窪田 新之助

ライター:

スマート農業時代、ロボット導入が求める作業体系の変革とは

北海道十勝地方のJA鹿追町でキャベツやタマネギの収穫や集荷をするロボットの研究開発が進んでいる。実用化の目標は2023年度。気になるのは普及の壁をどう乗り越えるかだ。高額になるためについて回る課題である。産学官挙げての共同研究プロジェクトで中心的役割を果たす同JA審議役の今田伸二(いまだ・しんじ)さんに研究開発の現状も含めて聞いた。

小麦を除き人手がかかる十勝の農業

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧