年商9000万円、JAを一斉退職した男女3人がつくった「農業の何でも屋」|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 年商9000万円、JAを一斉退職した男女3人がつくった「農業の何でも屋」

年商9000万円、JAを一斉退職した男女3人がつくった「農業の何でも屋」

窪田 新之助

ライター:

年商9000万円、JAを一斉退職した男女3人がつくった「農業の何でも屋」

福岡県築上町に「農業の何でも屋」を看板に掲げる会社がある。JAを一斉に退職した男女3人が2012年に創業した合同会社・アルク農業サービスだ。地域の農家の悩みを聞いているうちに、農作業の代行から始まった事業は自然と広がっていった。前編では創業までの道のりを描く。

柱は農作業の代行と直売所の運営

直売所

小倉駅に近い場所で運営するアルクの直売所

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧