酪農漫画「うしだらけの日々」 第19話 市場に出回らない初乳の役割

マイナビ農業TOP > 酪農・畜産 > 酪農漫画「うしだらけの日々」 第19話 市場に出回らない初乳の役割

酪農漫画「うしだらけの日々」 第19話 市場に出回らない初乳の役割

連載企画:うしだらけの日々【漫画】

酪農漫画「うしだらけの日々」 第19話 市場に出回らない初乳の役割
最終更新日:2021年02月17日

牛が大好きな新人酪農スタッフ“ウシカワ”。酪農の仕事とは全く縁のない生活をしていたウシカワは、ひょんなことから牛の魅力にとりつかれ、牛に関わる仕事を志すことに。

子牛の健康は生まれた時に決まる!?

生まれたばかりの子牛に必要な栄養や抗体(免疫グロブリン)が含まれている「初乳」は、普段出荷している生乳と成分が異なる。そのため分娩後5日以内は搾乳しても生乳として出荷できないと乳等省令で決められているんだ。
市場に出回ることがない牛の「初乳」は一般の消費者にはなかなか目にする機会がないですね。「初乳」で牛乳豆腐を作れるのはまさに酪農家の特権。いつか機会があれば食べてみたいです。

ちなみに、「初乳」によっては子牛に必要な免疫抗体が十分に含まれていない状態のものもあるのよ。
そんな時のために、子牛が飲み切れず余らせた良質な「初乳」を冷凍保存していつでも使えるようにしているの。冷凍保存した「初乳」がない時は、市販の「初乳製剤」を使うこともあるわ。いざというときに困らないよう備えておかないとね。

 

牛川いぬお

関連記事
うしだらけの日々【漫画】
うしだらけの日々【漫画】
牛が大好きな新人酪農スタッフ“ウシカワ”の、牛に囲まれて働く日常。牛のお世話に悪戦苦闘しながら一人前に成長していくウシカワと、魅力的な牧場の牛たち。‟牛に関わる仕事”とは? ウシカワと共に働く人々を描きます。

※※※次回予告(毎月第3水曜日更新予定)※※※
お楽しみに!

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧