【動画付き】\新規就農者に人気/ 福岡の農業がアツイ!あまおう農家の魅力に迫る!|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > 【動画付き】\新規就農者に人気/ 福岡の農業がアツイ!あまおう農家の魅力に迫る!

【動画付き】\新規就農者に人気/ 福岡の農業がアツイ!あまおう農家の魅力に迫る!

【動画付き】\新規就農者に人気/ 福岡の農業がアツイ!あまおう農家の魅力に迫る!

長年に渡り研究開発された福岡県産のブランド「あまおう」。真っ赤な果肉からジュワ~ッとあふれる甘みは一度食べたら忘れられないほどで多くの人を魅了しています。その「あまおう」は収益性が高く、新規就農者にとっても魅力ある品種の一つ。高い技術を求められる部分もありますが、産地では次世代の「あまおう」農家を育成したいと、研修制度や里親制度で独自に支援しています。「あまおう」の他にも年間を通して生計が立てやすい”施設園芸”を中心に新規就農者が多く誕生している福岡県。その就農事情を探るべく、移住を決めた先輩2人に話を伺いました。

\お申し込みカンタン♪資料請求はこちら/
福岡県での就農について詳しく知りたい方へ、資料もご案内しております。
お気軽にお問い合わせください。

【CASE1】大手企業から農家へ。
ワクワクしながら未来を描く油小路さん

地震の被災経験も福岡移住を決意した理由の1つ。奥様のご両親の近くに家を建て、充実した毎日を過ごせていると油小路さん

千葉県出身の油小路隆敏さん(45)は、海外の大学を卒業後、日本を代表する大手ベンチャー企業で活躍。海外勤務先で奥様と出会い、結婚して子宝に恵まれました。幸せ絶頂の時期ではありましたが、本社勤務の東京時代はほぼ毎日深夜残業で、育児は奥様のワンオペ状態…。家族との時間をもっと大事にしたい、奥様のためにも義理のご両親の近くで子育てしたい…と考えたそうです。
「妻と何か一緒にはじめられないかと考えていた時、農業フェアにふらりと立ち寄る機会がありました。農業といえば、土日も休みなく働いて、泥臭いのに稼げない…というマイナスのイメージしかありませんでしたが、話を聞いてみると補助金もあれば、資金も借りられるし、やればやった分だけ返ってくる事業であることに興味を持ちました。一番の悩みだった家族との時間をタイムコントロールできる部分に惹かれましたね」と油小路さん。

誰もが知る大手企業に勤めていた油小路さんには、譲れない思いがあります。サラリーマンでいるよりも豊かな人生にしたい、農業で生計を立てながら多角的な事業展開で可能性を広げたい、という思いです。「会社を辞めて勿体ないなんて言われたくありませんし、自分の人生としても面白みがないですよね。妻と一緒に壮大な計画を立てながら今後の展開にワクワクしています!」と語る油小路さんの表情は生き生きと輝いています。

―― 福岡を選んだ理由は?

油小路さん

妻の実家があることが最大の理由ですが、サラリーマン時代に転勤で福岡に住み、人柄や食に魅せられて永住したいと思っていました。海も山もあれば、食べ物もおいしいですし、東京と比べると物価も安い。生活の利便性が高いと感じています。

―― イチゴに決めた理由は?

油小路さん

イチゴとトマトのハウスを見学した私は、壁のように背の高いトマトの間を縫って作業するより、広々と開放的な雰囲気の中で作業するイチゴに惹かれました。あと、イチゴはみんな好きなフルーツだと思うので!

就農地域を選んだ後は、JAにさまざまな相談をしながら進めていったと油小路さん。「資金計画から栽培管理、販売、税務処理など、すべて個人でしようと思ったら、間違いなくパンクしてしまうと思います。そのすべてをJAにサポートしてもらいながら就農できたことは大きな安心感でした。また、筑後市には里親制度があり、何でも相談に応じてもらえますし、高価な農機具なども貸してもらえます。JAが声を掛けてくれたお陰で、いろいろな方とつながりを持つことができ、想像以上に温かいサポートを受けることができました」と話していただきました。

農業ほど自分の生活に合わせたタイムマネージメントができる職業はないと油小路さん。3人の子どもたちと過ごす時間を大切にできています

「夕方になってイチゴを出荷したら、妻と保育園に子どもを迎えに行くんです。駆け寄ってくる子どもを抱きかかえるなんて今しかできないですよね。それから一緒にお風呂に入ってご飯を食べて、忙しい時は仕事に戻ります」。今しかない子どもたちとの時間を精一杯楽しんでいるそうです。

【CASE2】フレンチ料理人から転身。
「生き方が変わった」と天ヶ瀬さん

料理人として育んできた感性を生かしながら事業展開できればと将来の目標を立てる天ケ瀬さん

神戸出身の天ヶ瀬章さん(39)は、フレンチレストランのシェフから農家に転身しました。神戸で働いていたレストランの福岡店オープンの立ち上げで来福。当時から「店が無事に立ち上がった後は農業をしたい」と考えていたそうで、市役所に通うなどして調べていたそうです。

―― 福岡を選んだ理由は?

福岡で暮らすようになり、福岡の人たちと触れる中で、山笠など地元色の強いイベントに掛ける情熱が強く、郷土愛が強い人が多いことを知りました。神戸より活気づく町の雰囲気に惹かれましたね。福岡での就農を考え、糸島や宗像、筑後エリアを見てまわりました。

天ヶ瀬さん

―― イチゴに決めた理由は?

それぞれまわる中で、生計を立てやすく地域としても就農支援に力を入れているのがイチゴでした。他所から来た自分が遊休ハウスを借りることができるか不安もありましたが、研修から就農まで細やかなサポートがある点で安心感がありました!

天ヶ瀬さん

市役所の農政課担当の人と一緒に遊休ハウスを探していく中で、気になるハウスを見つけた天ヶ瀬さん。何度か通っている内に持ち主の方と会うことができ、JAの広報誌に研修生として紹介されていたこともあって、「広報誌に載っていた人だね~」と無事に借りることができたそうです!

「福岡の人たちは温かい人が多いですね。こちらからコミュニケーションを取っていけば、応えてくれる人ばかりです」と天ケ瀬さん

「今は分からない事だらけで手探りの毎日ですが、その都度、研修先のセンター長や担当の先生、JAの生産指導員の皆さんから手厚いサポートを受けることができています。研修は5月で終わりですが、そこから先もずっと頼りにするでしょうし、親身になってくださる方ばかりで安心しています」。

最初は漠然と就農をイメージしていた天ヶ瀬さんでしたが、いざ農業に携わるようになると、生き方、考え方そのものが変わったといいます。レストラン時代は食材ロスや廃棄を出すこともあったそうですが、人々の食を支える農業に携わることになり、日々のご飯が一層おいしく感じられるようになったそうです。労働時間帯も大きく変わり、清々しい日々を過ごせていると話します。

研修期間は1年間。就農支援センターでは、失敗から学ぶことも大事なこと。わざと失敗することも1つの手段だと教わっています

「イチゴ農家として生計をしっかり立てられるようになったら、料理人目線でご当地料理を手掛けるなど、面白い展開をしていきたいと考えています」と天ヶ瀬さん。自分が育てた「あまおう」を収穫して、お世話になった先輩農家さんに届けたところ、喜ばれた上にお返しで鰤1匹を受け取るなど、人情味のある地域の人々との出会いに心から感謝していると天ケ瀬さん。人も土地も魅力がいっぱいの福岡ライフを楽しんでいます。

暮らしやすさ&食べ物が最高!
世代交代の今こそ福岡で就農するチャンス

海外でも人気のイチゴのブランド「あまおう」をはじめ、ラーメンのために生まれた「ラー麦」やいちじくのブランド「とよみつひめ」、全国的にも有名な「博多なす」など、多彩なブランドを持つ福岡。新規就農者は毎年約300名以上と全国的に見ても多くの生産者が移住し、若手の新規就農者が増えている福岡の魅力は、県のどこからでも都心部へのアクセスが良く、海や山の自然にも恵まれているという住みよい環境が大きく影響しているようです。

ここ数年で人気が高いのは、生計を立てやすい施設園芸。イチゴ、トマト、なす、きゅうり、アスパラガスなどの生産者が増えており、各市町村や団体において、就農支援研修(イチゴだけでも八女や糸島、朝倉など県内に10か所以上!)が充実しています。研修中や就農後を支援する「農業次世代人材投資資金(準備型/経営開始型)」をはじめ、資金計画においてもさまざまな支援があるだけでなく、農地の確保や就農後の販売や税務処理などもJAや各市町村の担当者がサポート。県外から就農した先輩2人が「福岡の人は情熱的な人が多い」と口を揃えるなど、周囲の面倒見の良さも新規就農者にとって安心材料と言えそうです。

将来はチームづくりや新しい事業展開、若手育成に携わりたいと目標はさらに膨らんでいます

「大切なのは、家族を養えるくらいに生計を立てること。技術をしっかり学ぶ必要はありますが、研修や里親制度などの支援を受けながら成長することができます。市場価値が高い品種も多く、高収入を期待できるメリットも大きいと思います!」とのこと。生産者の高齢化が進む今、世代交代の時期だけにこれから農業をはじめる人にもチャンスは多くあると新規就農相談センターの山見さん。福岡県では、県や各市町村、JAが連携しながらサポートしていく体制が取れているため、まずは、お気軽にご相談ください!

\お申し込みカンタン♪資料請求はこちら/
福岡県での就農について詳しく知りたい方へ、資料もご案内しております。
お気軽にお問い合わせください。

【▶YouTube】動画も必見!

【お問い合わせ】
福岡県新規就農相談センター
公益財団法人福岡県農業振興推進機構内
〒810-0001
福岡市中央区天神4-10-12
TEL : 092-716-8355
FAX : 092-716-8341

JA福岡中央会
JAグループ福岡 担い手・営農サポートセンター
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神4-5-23
TEL : 092-762-4715
FAX : 092-751-1170

JAグループ福岡新規就農相談窓口一覧

JA名 相談窓口部署 住所 電話番号
むなかた 営農振興部
営農企画課
宗像市東郷4-3-1 0940-36-2374
粕屋 営農経済部
営農企画課
糟屋郡粕屋町大字大隈1229 092-938-2544
福岡市東部 営農経済部
営農生活課
福岡市東区筥松2-19-16 092-621-4696
福岡市 指導部
農業振興課
福岡市中央区天神4-9-1 092-711-2063
糸島 営農部
営農企画課
糸島市志摩小富士14-34 092-327-2737
筑紫 営農生活部
農業振興課
筑紫野市杉塚3-3-10 092-924-1313
筑前あさくら 営農部
営農支援課
朝倉市甘木221-1 0946-24-3366
にじ 営農企画部
担い手支援課
うきは市吉井町350-1 0943-75-4200
みい 営農部
営農企画課
久留米市北野町今山856 0942-78-3037
くるめ 営農事業部
農業振興課
久留米市篠原町4-7 0942-35-9901
みづま 営農経済部
農産課・特産課
久留米市三潴町田川211 0942-64-2213
福岡大城 営農経済部
営農企画課
三潴郡大木町大字八町牟田330 0944-32-1316
ふくおか八女 営農指導部
農業振興課
八女市本村422 0943-23-1378
柳川 営農部
営農企画課
柳川市大和町栄360-2 0944-76-5155
みなみ筑後 営農経済部
経済課
みやま市瀬高町下庄774-1 0944-63-8861
北九 営農部
営農課
北九州市八幡西区金剛2-3-3 093-619-2368
直鞍 営農生活課 宮若市本城556-1 0949-32-3755
ふくおか嘉穂 営農部
農業振興企画課
飯塚市小正306-5 0948-24-7093
たがわ 営農部
営農企画課
田川郡福智町金田993-2 0947-22-9200
福岡京築 営農部
営農企画課
行橋市西宮市5-11-1 0930-24-2961

※サポート内容はJAによって異なります。

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧