IT技術だけがスマート農業じゃない! 着るだけで、地域の農業はもっと良くなる|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > IT技術だけがスマート農業じゃない! 着るだけで、地域の農業はもっと良くなる

IT技術だけがスマート農業じゃない! 着るだけで、地域の農業はもっと良くなる

AGRI+

IT技術だけがスマート農業じゃない! 着るだけで、地域の農業はもっと良くなる

農作業にともなう体力的な負担を減らすことで離農を防ぎ、地域農業を活性化させる!
老若男女問わず使いやすいアシストスーツを推奨することで農家を支えるJA福岡大城の取り組みとは?

お問い合わせする

 width=600

  1. 全国で数多くのJAと連携!簡単に導入できるスマート農業
  2. スマホも電力も必要なし!人工筋肉で体力的な負担を軽減
  3. 高齢者や若年層の離農を防ぎ、地域全体の活性化を実現


誰でも導入できるスマート農業で
地域ブランド力向上を目指す

スマート農業といえば、ロボットやAI、ITなどの先端技術を駆使するイメージが強い傾向があります。しかし、個人経営の生産者にとっては投資負担が大きく、なおかつ高齢化が進む中でこうしたスマート農業を推進させることは、決して簡単ではありません。そんな中、地域の主要農産物『博多あまおう』を、全国に向けて出荷しているJA福岡大城が目をつけたのが、IT技術はもちろん、電力も一切使わずスマート農業を実践できる『マッスルスーツ』です。
3年前に脱サラし、両親が営むイチゴ農家を継いだ平木一正さんは、およそ半年前にこれを導入。生産部会で紹介された際に興味を持ち、試着したことがきっかけでした。そして、家族に相談して導入を決断してからは、補助金申請までJAがきめ細かくサポートしてくれたとのこと。また、承認を得られた後にはメーカーと連携した試着会が開催されるなど、JAの手厚いフォローのおかげでスムーズに導入できたといいます。

働く現場での腰への負荷軽減から、日常のちょっとした力仕事のサポートまで。『 マッスルスーツエブリィ』は、全ての人の健やかなライフスタイルを実現するために生まれたアシストスーツです

収穫期は毎日のように中腰での作業が続くため、最初の2年間はずっと腰痛に悩まされていたという平木さんですが、現在はマッサージチェアや整骨院で腰をケアすることもほとんどなくなったそう。腰への負担が減った分、作業効率が上がり、更には疲労感も軽減されたため、収穫後の箱詰めなども捗るようになりました。
ハードルが高いと思われがちなスマート農業ですが、ただ着るだけで露地栽培がずっとラクになる『マッスルスーツ』の導入はいたって簡単。だからこそ、平木さんは「もっと多くのイチゴ農家に使ってほしいですね。地域全体で良いものをつくり続けないと、『博多あまおう』のブランドは維持できませんから」と語ります。新規就農者の確保、高齢化による離農や早期離農の防止が、地域農業の活性化につながることは間違いありません。だからこそ、JAや地方自治体が主体となり、生産者の体力的な負担を軽減させる取り組みには、非常に大きな意義があるのでしょう。


■ 農業×利用事例1:いちご農家
■ 農業×利用事例2:さつまいも農家
■ 農業×利用事例3:白菜農家

イノフィス 【商品名】着る、筋肉。『マッスルスーツEvery』
【価格】149,600 円(税込)
【コンセプト】

誰でも、いつでも、どこでも、手軽に。
マッスルスーツエブリィは空気圧によって動くアシストスーツです。イチゴ、白菜、ネギ、米農家様など、さまざまな作物栽培・収穫現場で腰に負荷のかかる作業に活用いただけます。

[問い合わせ先]

株式会社イノフィス

お問い合わせはこちら
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂4-2-2 東京理科大学森戸記念館3階
TEL 0120-046-505

お問い合わせする

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧