農作業の効率化に高精度な位置情報を活用! 誤差数cmの測位サービス『ichimill』|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 農作業の効率化に高精度な位置情報を活用! 誤差数cmの測位サービス『ichimill』

農作業の効率化に高精度な位置情報を活用! 誤差数cmの測位サービス『ichimill』

AGRI+

農作業の効率化に高精度な位置情報を活用! 誤差数cmの測位サービス『ichimill』

「人手の確保が難しい時代なのでテクノロジーの力を使いたい」「コストを抑えて収益力を強化したい」「ドローンを購入したけどもっと効率的に利用したい」「トラクターを自動操舵に対応させたい」。今回は、そんな声に応えるための測位サービスを紹介。

ほ場マッピングからドローンを使った農薬散布、
農機の自動運転まで対応

自動航行のドローンによる農薬散布や、農業用トラクタをはじめとする農業機械の自動運転や運転アシストにより、熟練度を要する農作業が簡素化できる。ただし、それを実現するには正確な位置情報を持ったほ場マップが必要となり、作成には高度な専門知識と技術者、またRTK※1測位に対応した基準点など高額な専用機材を要してしまう。従来は、自前でユーザーがほ場に基準点を設置しなければならず、作業に多くの時間が取られていた。
 
こうしたほ場マッピングやドローン、農機の測位に活用できるのが、ソフトバンク株式会社の誤差数㎝の測位サービス『ichimill(イチミル)』。『ichimill』は、ソフトバンクが全国3300カ所以上に整備している独自基準点で、準天頂衛星「みちびき」などのGNSS※2の信号を受信し、RTK測位を行うことで、誤差数㎝の測位を可能にするサービスだ。

※1 RTK(Real Time Kinematic)測位とは、GNSS受信機を搭載したドローン、農機等などで受信した信号と補正情報を利用して、リアルタイムに高精度での測位を可能にする手法のこと
※2 GNSS(Global Navigation Satellite System)とは、QZSS(準天頂衛星システム)やGPS、GLONASS、Galileoなどの衛星測位システムの総称

初期投資不要で安価に導入可能、
作業の効率化で人件費も低減!

『ichimill』の販売代理店・株式会社コハタでスマートアグリチームを率いる、越湖亘さんに『ichimill』の優れた点をお聞きした。「最大のメリットはコストです。基準点の準備などの初期投資がかからず安価な月額料金で利用が可能です。『ichimill』を利用した高精度測位によるドローンや農機ガイダンスでの農作業で、ほ場の測位等にかかる作業工数を減らすことが可能となり、人件費も大幅に減少。また、測位に大きな誤差があると作業にムラが出てしまい、その後のフォローにスタッフの習熟度が問われますが、誤差数㎝の高精度測位により作業を平準化することが可能です。これまでスタッフを育てるためにかけていた時間や教育コストの低減も期待できます」。
越湖さんが『ichimill』を勧めるのは、コハタ社自身が『ichimill』を利用し、生産者から委託を受けてドローンを使ったマッピングや防除作業を行っており、ドローンスクールの運営やトラクタ、田植え機の自動操舵システムの販売など、『ichimill』を使ったスマート農業化を幅広くサポートする中でユーザー視点を持って『ichimill』の良さを実感しているため。「皆様にも『ichimill』をお勧めしたいと思います」と笑顔で話してくれた。

ほ場マッピングやドローン、農機の測位に『ichimill(イチミル)』が活用されている

[商品名]

高精度測位サービス『ichimill(イチミル)』

[価格]

以下、問合先よりお問い合わせください

[問い合わせ先]

ソフトバンク株式会社
『ichimill』公式ページ

株式会社コハタ 札幌支店
株式会社コハタホームページ

資料請求・お問い合せはこちら

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧