畑から町へ出かけよう!『のらスタイル』で叶う【農作業⇔ご近所】ワンマイルコーデ♪|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農家ライフ > 畑から町へ出かけよう!『のらスタイル』で叶う【農作業⇔ご近所】ワンマイルコーデ♪

畑から町へ出かけよう!『のらスタイル』で叶う【農作業⇔ご近所】ワンマイルコーデ♪

畑から町へ出かけよう!『のらスタイル』で叶う【農作業⇔ご近所】ワンマイルコーデ♪

「忙しい収穫期だってオシャレには手を抜きたくない!」そんな”農業女子”の声にぴったりと寄り添う『のらスタイル』が提案するのは、「農作業の合間にちょっとそこまで…」を叶えるワンマイルコーデ。ハウスからそのまま来たなんて誰も気づかないほど”オシャレ感”たっぷりな万能アイテムの魅力を、くわの農園の”はぴバイザー”として活躍する桒野由美さんに教えていただきました。動きやすいから着心地も抜群、機能性や耐久性に優れる上にデザイン性の高いオシャレな感じが周りの人までウキウキした気持ちにしてくれるブランドの魅力をレビューします。

農作業帰りにショッピングセンターへ。
ワンマイルコーデも『のらスタイル』にお任せ♪

お米にキャベツにイチゴと3つの柱を持つ「くわの農園」に嫁いで36年。農園の広告塔としてSNSを自在に扱い、自らも講師やアドバイザーとして幅広く活躍している桒野由美さんは、『のらスタイル』の愛用者です。桒野さんと『のらスタイル』との出合いは約8年前。きっかけは1着のエプロンでした。

丈が短く作業がしやすい「ワーキングエプロン」

くわの農園の日々の農作業では、お米やキャベツ栽培はしゃがんだり中腰の作業が多い一方、イチゴ栽培は腰の高さでの立ち作業が多く、農作業着は毎日あたり前に着用するものですが、”何を着るか・使うか”がちょっとした作業効率アップに繋がるのだそう。
「後ろポケットがあるエプロンをずっと探していたんです。前ポケットに携帯を入れると歩きにくいし、しゃがみにくい…。そんな時、たまたま何かで見つけてこの「ワーキングエプロン」を買ってみたら想像以上に着心地も使い心地も良くて。夏場は着替えのたびにエプロンを交換したりするので、今では毎年5着ずつ購入しています。オンラインショップができる前からファンです!」と話す桒野さんは、それからずっと『のらスタイル』のアイテムを愛用しています。

農作業をするモニターさんの声を集めるなど、商品開発に熱心で、どれも機能性の高いものばかり揃っている『のらスタイル』。「動きやすいのはもちろん、生地もしっかりしていて、着心地や履き心地が抜群。それなのに、カラダを締め付けない感じが凄くいい」と桒野さん。キャベツ栽培は広い農地で長時間の収穫作業となるため、楽な着心地の『のらスタイル』は大活躍します。

何より『のらスタイル』の魅力は、オシャレ着にもなるデザインがステキだと桒野さんは話します。
「今日はちょっと出かけようという日は朝から『のらスタイル』を着ます。そうでなくても普通にカワイイものばかりなので、近所のショップには、そのままパッと出かけちゃいます。今までは男性が好むような単色や迷彩柄が多かったですし、女性用には昔ながらの小花柄のアイテムが並んでいることがほとんどでしたけど、『のらスタイル』なら同じ小花柄でもやっぱりオシャレ感が違いますし、ファンタジー柄や北欧っぽい柄などもあり、着ているだけでテンションが上がります!」

普段からオシャレ上手な桒野さん。ちょっと気分が落ち込む日は、あえてピンクを選んでモチベーションを高めたり、SNSで情報発信する時には、明るい色を選んだり。マスク1つをとってもカワイイものがあると『のらスタイル』に絶大な信頼を寄せています。

オシャレなのに機能性もバッチリ。
細かな気配りが嬉しい♡

桒野さんの最近のお気に入りは、「アグリスニーカー」。足のサイズが小さい桒野さんは、作業靴を探すのにもひと苦労していたそうです。

「作業靴になると22.5㎝の私の足にぴったりなサイズがないところも意外と多くて…。試しに「アグリスニーカー」を買ってみたらぴったりフィット! ハイカットタイプで足首が守られている感じだし、デザインも好みだし、しっかり足にフィットするから靴の中に土が入ることもなく、細部までこだわっていますね」と大満足の様子です。イチゴ栽培はビニールハウスのため足元の土はそれほど気にならない一方、お米やキャベツは露地栽培なので毎度、長靴に履き替える必要がありますが、「アグリスニーカー」だとそのまま農地を行き来できるのがとても便利で快適なポイントです。

土が入りづらい仕様になっている「アグリスニーカー」

もう1つのお気に入りは、こちらの農園フード。「ビニールハウスの中は意外と日焼けをするので、大きなツバや日除けがしっかりと顔や首元を覆ってくれて日焼け対策もばっちりです。農園フードだけでも数十種類もバリエーションがあるので、選ぶ楽しさもあるのが嬉しいですね」。
イチゴ栽培の苗付けや収穫後のコンテナの土の入れ替え、肥料の整備作業などは汗をかいたり汚れることもしばしば。作業内容によって汚れる具合を見ながらその日の作業に合ったアイテムを選んでいるという桒野さんにとって、『のらスタイル』の豊富なラインナップ、そして細部まで気遣いがあるところが魅力的だといいます。
「普通の洋服も同じだと思いますが、モヤモヤすることってありませんか?どこかチクチクするとか、何か違和感があるとか。農作業用のアームカバーでいえば、すぐにゴムが伸びてしまったり、袖口の縫製が甘くて糸がほつれてしまったり…。そんなモヤモヤを感じないのも『のらスタイル』の凄いところ。アームカバーも上と下で入口の大きさが違いますし、ゴムの締め付け具合もちょうどいいんです」。
シーズンに応じてアイテムを使い分けるのも上手な桒野さん。アウターだけでも夏は冷感素材の「ひんやりアイスパーカー」、冬は裏フリースの「うらポカヤッケ」、オールシーズン重宝する「プリントフルジップヤッケ」など、季節感と一緒にシーズンコーデも楽しんでいます。

「『のらスタイル』のアイテムはコスパがとてもいいですよね。作業着としての耐久性もいいですし、「アグリスニーカー」のように町でも履けるし農作業にも使えるアイテムはさらにお手頃感が増します。ついつい物を詰め込みがちなエプロンのポケットも破れにくいし、縫製もしっかり。ずっと前から愛用している襟が丸くてカワイイ「農家さんチュニック」なんか、ヘビロテしているのにもう何年も着ることができていますね。」

ヒップが隠れるロング丈の「農家さんチュニック」

【リーズナブル×新アイテム】
ぞくぞく登場のショップへGO!

桒野さんは新作アイテムをすぐにチェックできるオンラインショップ『畑乃家』を利用することも多いとのこと。

今回たくさんの魅力を伝えていただいた桒野さんに、『畑乃家』で新作紹介されている『のらスタイル』の「軽量ストレッチパンツ」(4月発売予定)を試していただきました。

ストレスフリーな4方向ストレッチの「軽量ストレッチパンツ」

「立ったり、しゃがんだり、作業中でもストレッチパンツというだけあって伸びがとても良く、「破れないかな?」という心配もありません。つるんとした生地感もオシャレなので、ちょっとした場所にも履いていけそうです♡」
と好評価をいただきました。


ちなみに、『畑乃家』での会員限定サービスも楽しみだと桒野さん。
「会員になるとお得なお知らせがありますし、会員先行販売で新商品をいち早くチェックできます。そういえば、誕生日にはお祝いメッセージといっしょにクーポンも送られてきて嬉しかったですね。お得にお買い物ができて、上から下まで『のらスタイル』のトータルコーディネートでばっちり決めてお出かけできますよ♪」と教えていただきました。

朝晩はまだまだ寒いので、裏フリースで暖かい「うらポカヤッケ」が重宝

そのほかにも『畑乃家』には今の季節におススメしたいアイテムがずらり。こんな機能のアイテムが欲しかったというウェアや小物が揃っていて、クールに決めたい人も、カラフルを楽しみたい人も、ナチュラルテイストが好きな人も、それぞれのスタイルでコーディネートができます。

「オシャレは自分のために楽しむもの!」

そんな農業女子たちの心を満たしてくれる自分だけの“のらスタイル”を見つけにオンラインショップをのぞいてみてください。

オンラインショップ『畑乃家』はこちら

【取材協力】
くわの農園
〒811-3203
福岡県福津市本木1074
電話:090-9471-3263
メール:kuwano_nouen@yahoo.co.jp

【問い合わせ先】
株式会社ユニワールド

【本社】
〒649-0313 和歌山県有田市千田72
TEL:0737-82-0663
FAX:0737-82-0611

【マーケティングオフィス/ショールーム】
〒104-0045 東京都中央区築地2-7-10 築地シティプラザ8F
TEL:03-6821-3911
FAX:03-6821-3912

『のらスタイル』紹介記事★掲載中

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧