農家の利益倍増計画? 少量多品目農家の飲食店向け値付けの方法|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 4.21サイトリニューアル さがそう。地球とつながる仕事 マイナビ農林水産ジョブアス 4.21サイトリニューアル さがそう。地球とつながる仕事 閉じる

マイナビ農業TOP > 販路・加工 > 農家の利益倍増計画? 少量多品目農家の飲食店向け値付けの方法

農家の利益倍増計画? 少量多品目農家の飲食店向け値付けの方法

農家の利益倍増計画? 少量多品目農家の飲食店向け値付けの方法

農業を始めて一度の営業もせずに、現在は栽培した野菜の95%をレストランへ直接販売しているタケイファーム代表、武井敏信(たけい・としのぶ)です。このシリーズでは売り上げを伸ばすためのちょっとした工夫をお伝えします。

皆さんは野菜の値段をどのように決めていますか? 種の値段や資材費、労力などを積算して決めると高くなってしまいます。しかし、売れやすい値段で販売してしまうと儲けは出ません。少量多品目農家が今やっている農業から大幅にやり方を変えることなく儲けを出す売り方を、今回は飲食店向けに絞って解説します。

ニーズに合わせた正当な値付けで野菜を高く売る

私の両親は、長ネギやダイコンを栽培し市場出荷をしていた農家で、私も就農当時は両親の手伝いをしていました。家には、ネギの皮むき器やダイコン洗浄機など仕事の効率をアップする機械があり、そうした機械のおかげで野菜を安く売ることができていたのだなと思います。
その後私は市場出荷の手伝いをやめ、少量多品目の農業にシフトチェンジし、年間を通して多品目の野菜の栽培を始めました。そして気づいたデメリットは、やることが増え、それに伴い、必要な資材が増えたことです。しかも、多品目の野菜は毎年同じではないので、デメリットはいつまでたっても減ることはなく、当然儲けも出ませんでした。

少量多品目農家が、大規模単一品目の農家と同じ値段で売っていてはとても成り立ちません。手間や経費を野菜の値段にも反映させたいところですが、実際にはスーパーの“顔の見える野菜”コーナーと市場から仕入れたコーナーとの販売価格はほとんど変わらないのが実情です。
少量多品目農家が選択しやすい販売チャンネルであるECサイトの野菜セットも、梱包や事務作業などを考えると利益率はよいとは言えません。さらに、星の数ほどある野菜セットの中から選ばれるのも難しいと言えるでしょう。

スーパーの農家コーナー

スーパーの農家コーナー

仮に、今の農園の売り上げを2倍にすることを考えた場合、どんなことが考えられるでしょうか。

案その1 野菜を今の2倍栽培して売り切る。
案その2 加工品などの野菜以外の収入源を増やす。

これらを実行すれば、2倍の売り上げをあげる可能性は出てきますが、それに伴う労力や資材、機械、人材の投入も必要となります。
私は、今と同じ農業のやり方で売り上げを2倍にする方法を選びます。それは、シンプルに販売価格を2倍にすることです。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧