土づくりから牛を育てる!循環型農業に力を入れる「金川牧場」でインターンシップを|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > 土づくりから牛を育てる!循環型農業に力を入れる「金川牧場」でインターンシップを

土づくりから牛を育てる!循環型農業に力を入れる「金川牧場」でインターンシップを

土づくりから牛を育てる!循環型農業に力を入れる「金川牧場」でインターンシップを

北海道勇払郡安平町にある金川牧場は乳牛約400頭を飼育する酪農牧場です。安平町は札幌から1時間ほど、苫小牧や千歳からも30分ほどとアクセスが良く、酪農はしたいけれど田舎暮らしには不安がある方にもオススメのエリアです。北海道らしい大自然の中で働き、都会での休日も楽しめるのでメリハリのある生活を送ることができます。

\ジョブアス インターンシップ掲載中!/
インターンシップについて&参加申込はコチラ

酪農だけでなく観光牧場も運営!
珍しい牛に触れられる

金川牧場の特徴は酪農牧場だけでなく、長沼町で観光牧場も経営していることです。北海道で「ハイジ牧場」と聞くと知らない人はいないほど。肉牛にヤギや羊、馬などを飼育し、乳搾りや乗馬なども体験できる牧場で、親子3代に渡って愛される観光スポットです。


そんなハイジ牧場の運営があるからこそ、そのバックヤードとなる金川牧場には普段なかなか触れることのできない乳牛がいます。ノルマンド種やミルキングショートホーン種など珍しい乳牛を飼育できるのも魅力です。

土が草を育て、その草が牛を育てる!
地域が協力して循環型農業に取り組む

金川牧場の牛たちは「フリーストール・フリーバーン」という牛舎で、つながれることなくエサを食べ、休み、自由に動き回っています。酪農がロボット化されていく創成期にいち早くIT技術の導入に取り組んだものの、当時としてはまだ牧場の飼育方法と合わず、現在は人の目で牛の様子を観察することで、病気や怪我の予防につなげています。どれだけ機械化が進んでも、必ず必要になる酪農家としての基礎をしっかりと学ぶことができます。

特に仔牛の管理には他の牧場よりも多くの時間をかけています。「技術の進化で便利になっていく世の中を否定するのではなく、良いものがあれば取り入れながら成長していきたい」と代表取締役の金川 幹夫さん。牛のことを第一に考え、時代の変化にも柔軟に対応する、アンテナの高い牧場です。

代表取締役 金川 幹夫さん

金川牧場は餌となる飼料も大切にしています。良い草を作るために、種から牧草を育てる徹底ぶりです。安平地域にも積極的に呼びかけ、農畜連携の循環型農業に取り組んでいます。牛から出る排泄物と食品加工会社から出る食品残渣(ざんさ)を「有機堆肥」にして自社の牧草を育てている農家に供給。農薬の使用を減らした畑で育った、デントコーンや牧草を牛に与えて飼育するサイクルです。健康な牛から美味しい牛乳を生産することも金川牧場が大切にしていることです。

普通科出身でも問題なし!
働いてもっと酪農が好きになった!

札幌出身の高橋いぶきさんは、農業系の学校ではなく、普通科を卒業して金川牧場に就職。4月で3年目を迎えました。

もともと動物が好きで、幼少期に母親に連れられて牧場に行ったことをきっかけに、酪農に興味を持ちました!7日間のインターンシップに参加して、仕事の面白さや仲間の和やかな雰囲気に惹かれ、就職を決めました。

いぶきさん

現在の主な仕事は仔牛の世話。1頭1頭、毎日話しかけながら、体調に変化がないかをチェックします。仔牛の管理だけでなく、最近では親牛の世話にも挑戦中で、ますます酪農が楽しくなっているそうです。酪農は全く経験がなかったものの、先輩たちが同じことを聞いても嫌な顔をしないで何度でも教えてくれたので、わからないことをそのままにせず、成長できたと当時を振り返ります。

いぶきさん

仕事で疲れて帰っても3食、ホカホカのご飯が待っているので頑張れます!

金川牧場には独身寮があり、朝昼晩のご飯を専属の調理師が作ります。「健康な牛を育てるためには、スタッフも健康でなければならない。人づくりも大切にしている」と金川さんは話します。

インターンシップでリアルな酪農の仕事を体験

金川牧場では7日間のインターンシップ制度があり、道内外の学生を積極的に受け入れています。日当か交通費の支給かを選ぶことができるので、遠方から参加する学生からも喜ばれています。牧場によってはインターンシップを「簡単な酪農体験」と位置付けているところもありますが、金川牧場では包み隠さない、リアルな仕事を経験できます。インターンシップを経験して入社を決めた高橋さんも「最初の数日は確かにキツかったけれど、自分が本当にやりたい仕事なのかを再認識できた」と振り返ります。北海道の広大な大地で牛たちと触れ合いながら、自分や将来と向き合ってみませんか。インターンシップは随時受け付けておりますので、インターンシップ期間の相談も含め、まずはお気軽にお問合せください。

\ジョブアス インターンシップ掲載中!/
インターンシップについて&参加申込はコチラ

【お問い合わせ】
有限会社 金川牧場
代表 金川 幹夫
北海道勇払郡安平町早来富岡316
TEL:0145-22-4024

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧