農業女子に販売、顧客分析のヒントを。みやぎ農業女子リーダー育成塾開催【第2回開催参加者募集中】|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 農業女子に販売、顧客分析のヒントを。みやぎ農業女子リーダー育成塾開催【第2回開催参加者募集中】

農業女子に販売、顧客分析のヒントを。みやぎ農業女子リーダー育成塾開催【第2回開催参加者募集中】

農業女子に販売、顧客分析のヒントを。みやぎ農業女子リーダー育成塾開催【第2回開催参加者募集中】

女性農業者の「企画力」「販売力」「実行力」を養い、理想とする農業経営の実現を後押しするイベント「みやぎ農業女子リーダー育成塾」がこのほど、仙台市内で開催されました。事業の計画づくりから販売の方法までを実践的に学んだ参加者からは「普段の悩みがアイデアに変わった」「そんな考え方があるんだと、新鮮な気持ちになった」などの声が聞かれ、新たな気付きを得た様子がうかがえました。第2回開催は12月15日。参加は無料。「農業経営の可能性を広げたい」「企画力や販売力を身に着けたい」「生産者同士の交流の幅を広げたい」という方はぜひ、ご参加ください。

次世代のリーダーを宮城県から

「みやぎ農業女子リーダー育成塾」は宮城県農政部農業振興課が主催(運営・株式会社マイナビ)。「政策・方針決定にもっと女性の声を」「もっと女性が働きやすい環境づくりを」を掲げる農林水産省事業を活用した事業として、販売における基礎知識を学び、顧客ニーズから販売戦略を考案し実行するまでに必要な力を育むことを目的に開催されました。宮城県加美町で50品目以上の花きを栽培する株式会社宮城フラワーパートナーズの今野高さんをメイン講師に迎え、全3回の研修・販売実習を企画しています。

井川農園のショップのTOPページ

全3回で講師を務める今野さん。全国500店舗以上のホームセンターと契約し、メーカーのアドバイザーとしても活躍する

第1回の11月10日は宮城県の生産者や学生ら27人が参加。「仲間づくりや情報交換のきっかけになれば」「子育てをしながら農業を始めるにあたって、色々と勉強したい」「販売の仕方などについて、皆さんの意見やアイデアを聞いてみたいと思った」。参加のきっかけや動機はさまざまでしたが、イベントでの経験を今後の農業経営や就農の実現に生かしたいという思いがあるようでした。

当日は、ハムやソーセージを手掛ける(有)ジャンボン・メゾン代表取締役の高﨑かおりさんによる講演も行われ、販売方法のアイデアについて参加者が理解を深めていました。

第2回以降の参加予約はこちら

優良事例から販売企画を学ぶ

講師として登壇した高﨑かおりさんは2016年、先代からハム工房を引き継いで以降、女性の感性と働き方を商品・組織に取り入れるべく、従業員を全員女性に。その後も創業以来販売してきた「岩出山家庭ハム」ブランドに加え、完全受注生産の「和ハム」、旬の食材を楽しめる量り売りのマルシェ「アトリエ・ドゥ・ジャンボンメゾン」の2ブランドをリリースしました。特に容器などを持参し、ほしい分だけ購入できる量り売りマルシェは「食品ロスや包装ごみを減らす」というコンセプトが支持され、多くのファンを獲得しています。

井川農園のショップのTOPページ

高﨑かおりさん(右から3人目)。1993年に父が独学でハム工房を創業し、2016年に2代目に就任。従業員を全員女性にするなど、女性の活躍の場づくりに取り組んでいる(引用:ジャンボン・メゾンHP

講演で高﨑さんはプラスチック廃棄物やフードロスなどの問題意識が「量り売りマルシェ」というブランド立ち上げに至ったことなどを説明。「周囲を納得させる一番の方法は結果を出すこと。売り上げや販売数など指標はいくつかありますが、私はメディアに取材してもらい、多くの方に知ってもらうことにこだわってきました」と、新しい販売企画を打ち出した際の心構えを伝えていました。

参加者からは「自分が作っているものに愛情や自信がなければ、行動するというエネルギーも生まれない。そこをもっと深めていきたい」といった感想のほか「アイデアと行動力でここまでいけるのか」などの感嘆の声が寄せられました。
講演後は参加者同士でのグループディスカッションも行われ、それぞれ心の奥底にある「本当にやりたいこと」「それができない理由」について意見交換。イベントを終え、参加した仙台市の女性は「世代の違う方たちとの話し合いがとても刺激的だった」と満足気。登米市の女性も「今日のことを地域の若者たちに伝えたい」と話してくれました。

次回開催は12月15日、仙台市の仙台農業テック&カフェ・パティシエ専門学校にて、販売戦略づくりなどの実践研修を実施予定です。また、座学だけでなく、ワークショップや実践販売などのプログラムもあるため、参加者同士の交流が生まれ、切磋琢磨できる仲間にも出会えるはず。単発での参加も可能ですので、「農業経営の可能性を広げたい」「企画力や販売力を身に着けたい」「生産者コミュニティの幅を広げたい」という方はぜひ、お気軽にご参加ください。

第2回以降の参加予約はこちら

■協力
宮城フラワーパートナーズ
ジャンボン・メゾン

■イベントに関するお問い合わせ
株式会社マイナビ 地域活性CSV事業部
農業活性事業統括部
TEL:03-6267-4019

■本事業についてのお問い合わせ
宮城県農政部農業振興課
TEL:022-211-2836

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

公式SNS