マイナビ農業TOP > 食育・農業体験 > パッションフルーツの食べ頃は? 食べごろの見分け方、おいしい食べ方を紹介

パッションフルーツの食べ頃は? 食べごろの見分け方、おいしい食べ方を紹介

sato tomoko

ライター:

パッションフルーツの食べ頃は? 食べごろの見分け方、おいしい食べ方を紹介

甘酸っぱく爽やかな味と香りのパッションフルーツ。南国の果物としておなじみのフレーバーですが、産地以外で生の果実を食べる機会は意外と少ないかもしれません。もっと身近な果物になるようにその食べ方を紹介します。

twitter twitter twitter

パッションフルーツの食べごろのサイン

パッションフルーツは、基本的に熟した果実が収穫されるため、買ってすぐに食べられますが、その時点ではまだ食べごろとはいえません。完熟すると皮が全体的に赤紫色になりますが、表面がツルツルしているうちは酸味が強いので、甘いほうが好みであれば表面がシワシワになるまで追熟させる必要があります。

1.パッションフルーツの熟度

写真右が追熟した果実

追熟させる方法は、果実を常温に置いておくだけ。常温とは外気温度を超えない温度のことで、室内であれば問題ありませんが、乾燥が気になる場合は新聞紙などで包んでおくといいでしょう。追熟期間は果実や温湿度の状態によって異なりますが3〜7日が目安。皮の表面にシワが出てきたら食べごろのサイン。香りも強くなります。

3.熟したパッションフルーツの中身

未熟・甘くないパッションフルーツの食べ方

パッションフルーツの未熟な果実は緑色です。この状態で収穫または落下した果実でも、常温に置いておけば、熟して皮の表面が赤紫色になってきます。追熟を早めたい場合は、エチレンガス(青果物が放出する植物ホルモンの一種)を当てるといいでしょう。例えば、エチレンガスの放出量が多いリンゴと一緒にポリ袋に入れておくなどの方法があります。

4.リンゴと一緒に袋に入れたパッションフルーツ

もし、甘くない果実に当たったときは、アイスクリームやヨーグルトのソースにして食べるといいでしょう。ハチミツをかけたり、バナナなどの甘い果物と一緒にスムージーの材料にする食べ方もあります。

パッションフルーツの食べ方

パッションフルーツは、表面を洗い、二つに切って、果実をスプーンですくって食べます。切るときは、横半分に包丁を入れると果汁がこぼれ出るので要注意。ヘタから1〜1.5cmの位置でカットすれば、果汁がこぼれにくくなります。

5.上部を切ったパッションフルーツ

中身のゼリー状の果肉は、スプーンですくって種ごと食べられます。種が気になる場合は、果肉をザルや茶こしで裏ごしして取り除き、ピューレやフルーツソース、ジュースにして食べるといいでしょう。

6.ヨーグルトソースにしたパッションフルーツ

冷やして食べたい場合は、好みの程度に熟した状態で、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。カットしてから、ラップをかけて冷凍すれば、シャーベットとして楽しめます。

7.凍らせてシャーベットにしたパッションフルーツ

パッションフルーツを調理して食べる

独特の甘みと芳香を持つパッションフルーツは、生食のほか、ゼリーやシャーベット、ジュースなどにも適していますが、果汁が多いという特徴を生かして、デザートや料理の香りづけ、ソースやドレッシングにも利用できます。ここでは、デザートとサラダのレシピをご紹介します。

パッションフルーツとオレンジ果汁の寒天ゼリー

8.パッションフルーツとオレンジ果汁の寒天ゼリー

中身を取り出した皮を器に、風味と色の相性がよいオレンジジュースを加えてボリュームアップ。南国系の果物はゼラチンでは固まりにくいので寒天を用います。

材料(作りやすい量)
パッションフルーツ 2個
オレンジジュース 150ml
砂糖       大さじ1粉寒天      2g

作り方
1.パッションフルーツはカットしてボウルに果実を取り出す。好みで裏ごしして種を取り除いてもよい。
2.鍋にオレンジジュース、砂糖、粉寒天を入れ中火にかけて混ぜながら、沸騰したら寒天を溶かして火を止める。
3.粗熱が取れたらパッションフルーツを加えて混ぜ合わせ、容器(皮)に流し入れて冷やす。余ったゼリー液は別の容器へ。

常温でも固まりますが、冷蔵庫で冷やすと清涼感がアップします。

パッションフルーツドレッシングのサラダ

9.パッションフルーツドレッシングのサラダ

パッションフルーツ特有の爽やかな酸味と甘さ、種のつぶつぶ感はドレッシングの材料にもぴったり。どんなサラダにも合います。

材料(作りやすい量)
ードレッシングー

パッションフルーツ  1個
オリーブオイル    大さじ1
酢          大さじ1
ブラックペッパー   少々

ーサラダー

フルーツトマト    小1個
ラディッシュ      1個
キウイ         1個
モッツアレラチーズ   1個
サラダチキン      1個
ベビーリーフ      適宜
クルミ         適宜

作り方
ードレッシングー

1.パッションフルーツはカットしてボウルに果肉を取り出す。
2.オリーブオイル、酢、ブラックペッパーを加えて混ぜ合わせる。
※甘みが足りない場合は、砂糖やハチミツを加えてもよい。

ーサラダー

1.フルーツトマト、キウイ、モッツアレラチーズ、サラダチキンは食べやすい大きさに切る。
2.ラディッシュはスライスする。
3.ボウルに1.2.とベビーリーフを入れて混ぜ合わせ、器に盛る。
4.粗く刻んだクルミをトッピングし、ドレッシングをかけてできあがり。

パッションフルーツの保存方法

パッションフルーツは南国の果物なので完熟するまでは常温で保存できます。熟した果実のおいしさを長持ちさせるには、冷蔵または冷凍保存します。

冷蔵保存

好みの甘さに熟したパッションフルーツを、乾燥を防ぐためポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室へ。皮の表面がツルツルの果実は2週間程度、追熟して表面がシワシワの果実は4~5日間保存できます。

冷凍保存

丸ごと冷凍する場合は、好みの甘さに熟したパッションフルーツを、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で約2カ月間。食べるときは常温または冷蔵庫で自然解凍します。解凍したパッションフルーツは劣化しやすいので早めに食べましょう。

まとめ

10.一つだけ追熟されたパッションフルーツ

トロピカルな味と香りが特徴的なパッションフルーツですが、生の果実も独特です。手に取ってみると意外と軽く、割ってみると果汁たっぷりで種ごと食べられる。こんなフルーツは他に類がありません。

果物のなかでも「珍味」とされていますが、その用途は広く、いろいろな食べ方が想像できます。実は、栄養も豊富でβーカロテンの含有量(100gあたり)は果物の中でもトップクラス。ビタミンB群、葉酸のほか、各種ミネラルもバランスよく含んでいます。

まずは自分の好みに合った食べごろを見つけることから。いろいろな食べ方で食卓に取り入れてみてはいかがでしょう。

読者の声を投稿する

あわせて読みたい記事5選

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

公式SNS

「個人情報の取り扱いについて」の同意

2023年4月3日に「個人情報の取り扱いについて」が改訂されました。
マイナビ農業をご利用いただくには「個人情報の取り扱いについて」の内容をご確認いただき、同意いただく必要がございます。

■変更内容
個人情報の利用目的の以下の項目を追加
(7)行動履歴を会員情報と紐づけて分析した上で以下に活用。

内容に同意してサービスを利用する