早期定年退職で未経験の3人が農業にチャレンジ【やりがい編】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > 早期定年退職で未経験の3人が農業にチャレンジ【やりがい編】

就農

早期定年退職で未経験の3人が農業にチャレンジ【やりがい編】

早期定年退職で未経験の3人が農業にチャレンジ【やりがい編】

2017年07月29日

55歳で早期退職退職をして、農業を共に始めた男性3人。就農してみると、予想外に感じたメリットとデメリットがあったとか。法人設立時の初期投資額や現在の取り組み等について、詳しくお聞きしました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

早期定年退職で未経験の3人が農業にチャレンジ【やりがい編】

アーバンファーム八王子」は、大手企業を早期退職した3人の男性たちが55歳で立ち上げた農業法人です。設立から1年半が経ち、同法人代表の続橋昌志(つづきばしまさし)さんは、想定外のメリットやデメリットを感じているようです。
【家族説得編】では、新規就農にあたっての覚悟や、家族の反応などについて、また現在の取り組みや、やりがいについて続橋さんにおうかがいしました。

法人設立時の費用と初期投資はいくら?

法人設立時の費用と初期投資はいくら?

農業法人化や新規就農にあたっての初期投資には、どれくらいの資金を準備したのでしょうか。

「会社の資本金は1人300万円ずつ出して、3人で900万円。それ以外の初期費用に1人100万円ずつ出しあい、300万円を捻出。合計1,200万円を用意しました。新規就農に際して、車両や機械、資材などで200から300万円はかかります。トラクターは100万円以上、保冷庫も100万円ぐらいします。野菜を洗う動力噴霧器も30万円ぐらいしますし、マルチャー(畝にビニールを張るための機械)やネット、支柱やグラスファイバーなど、新規就農者はすべて購入しなければなりません。できる限り中古で手に入れようとしたのですが、全てを揃えるのは簡単ではありませんでした」。

アーバンファーム八王子には、トラクターもビニールハウスもありません。3人が“師匠”と呼び、新規就農にあたって大きなサポートをしてくれた農家の方にトラクターで耕運してもらい、保冷庫の一部を使わせてもらっていたそうです。

保冷庫

機械等の費用に加えて、農地の賃借料や種・苗、肥料、農薬代などもランニングコストとしてかかります。さらに設備面の初期費用も大きくのしかかります。「収穫した農作物を洗ったり、袋詰めしたり、資材を置いておくための作業場が必要になりますから、我々は思い切って最初に3人で出しあった資金で作業小屋を作りました。我々3人の“秘密基地”です。さらに収穫した農作物を保管しておく保冷庫は、つい最近手に入れたばかりです」。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧