レタス王国・長野県川上村「少子化対策のための結婚環境向上事業」とは – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > レタス王国・長野県川上村「少子化対策のための結婚環境向上事業」とは

就農

レタス王国・長野県川上村「少子化対策のための結婚環境向上事業」とは

レタス王国・長野県川上村「少子化対策のための結婚環境向上事業」とは

2017年07月29日

平均年商が約4,000万円という長野県川上村のレタス農家。しかし、非婚率が高く、農業の継承が危ぶまれていました。そこで川上村が行ったのが、婚活事業ではなく、”結婚環境向上事業”でした。まずは、女性が暮らしやすい村作りから着手したのです。女性にとって居心地の良い村を目指した川上村の取り組みについて詳しくお聞きしました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

レタス王国・長野県川上村「少子化対策のための結婚環境向上事業」とは

長野県の東端にある小さな農村、川上村。標高1,300メートル(※1)という高地ならではの冷涼な気候を活かした農業が盛んで、レタスの生産量は日本一を誇ります。そして、村のレタス農家の平均年商は約4,000万円(平成28年実績値)です。

高収入の農家が多い村にも深刻な悩みがありました。全国の農村部と同様に、農家の非婚率が高く、農業の継承が危機的状況にありました。

しかし、一般的な婚活事業を行っても他の地域との差別化は図れません。川上村では、まず移住してきた農家の“お嫁さん”が活き活きと生活できる環境を作り、住みやすさを伝えることが移住者誘致の起爆剤になるのではないかと考えました。これが、村を挙げての結婚環境向上事業「Kawakami Smart Project」の出発点です。詳しいお話を、川上村副村長・政策調整室室長である西尾友宏(にしおともひろ)さんにおうかがいました。

移住者誘致 ターゲットは農家に嫁ぐ“お嫁さん”

人口減少に悩む地方自治体で、移住者誘致の動きが活発化しています。川上村も例外ではなく、移住者を呼び込もうとする動きが起こり始めました。しかし、耕作放棄地がほとんどない川上村では農業への新規参入が難しく、就農希望者の移住は見込めません。

一方で、農家の非婚率が高いという現実もあり、お嫁さんを呼び込もうということになりました。「未来に農業を継承していくために、川上村にとって必然の流れでした。そのためには、まず女性が住みたくなるような魅力的な村でなければなりません」と西尾さん。

女性にとって居心地の良い村を目指して

女性にとって居心地の良い村を目指して

お嫁さんを呼び込むために川上村が始めたのは、婚活事業ではなく、結婚環境向上事業でした。まずは、女性が暮らしやすい村作りから着手したのです。

さっそく、女性の社会参画を促進すべく、女性や若者のアイデアや意見を募り、起業家や大手コンビニチェーン、クラウドソーシング、クラウドファンディング企業、金融機関等を審査員に据えたビジネスコンテストを開催。優秀アイデアは、起業家やライフスタイルプロデューサーがバックアップすることで、事業化できる仕組みを作りました。実際にこのコンテストから誕生した商品化・事業化のプロジェクトは、5つ以上進行しています。

また、家事や子育てで忙しい女性の自由な時間を作るため、村独自のアプリも開発中です。サービスやモノを共有するシェアリングエコノミーの考え方のもと、家事をアウトソーシングできるサービスを作り、現在は実証実験を行いながら実用化に向けて取り組んでいます。今後は民間企業へ事業継承し、サービスの恒久化を図る予定です。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧