赤いスイカと黄色いスイカの不思議 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 赤いスイカと黄色いスイカの不思議

ライフスタイル

赤いスイカと黄色いスイカの不思議

赤いスイカと黄色いスイカの不思議

2017年07月31日

夏になると食べたくなる、スイカ。この時季にしか出回らないスイカは、シャクっとした食感とみずみずしさで、夏バテ気味の時でも食べやすい食材ですね。
赤いスイカが店先に並ぶ中、時たま見かける黄色のスイカ。「黄色のスイカは赤いスイカと違う味なの?」「どうして黄色いのだろう?」と不思議に思ったことはありませんか?
今回は、夏に欠かせないスイカの特長や種類、赤いスイカと黄色いスイカの違いについてのお話です。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

夏になると食べたくなる、スイカ。この時季にしか出回らないスイカは、シャクっとした食感とみずみずしさで、夏バテ気味の時でも食べやすい食材ですね。

赤いスイカが店先に並ぶ中、時たま見かける黄色のスイカ。「黄色のスイカは赤いスイカと違う味なの?」「どうして黄色いのだろう?」と不思議に思ったことはありませんか?

今回は、夏に欠かせないスイカの特長や種類、赤いスイカと黄色いスイカの違いについてのお話です。

スイカの特徴

スイカの特長は食べると「健康に良いこと」と、「カロリーが低いこと」です。その理由を、順番に見ていきましょう。

1.健康に良い

スイカには多くの栄養が含まれています。その中でも、注目すべき栄養成分は四つです。

①リコピン

・強い抗酸化作用があり、生活習慣病や細胞のガン化予防や老化の防止がある

・メラニン発生物質の抑制をし、美肌効果もある

②シトルリン

・血管を広げ、血流を促進する働きがあるため、血行改善効果がある

・成長ホルモンの分泌を促し、筋肉増強や筋肉痛を和らげる効果がある

・利尿効果が高く、むくみが改善できる

・紫外線による活性酸素の除去作用があり、美肌サプリとしても使用されている

③カリウム

・血圧の上昇を抑える働きもあるため、高血圧化予防にも効果がある

・疲労回復や利尿作用がある

・むくみの原因となるナトリウムの排出を促す働きがある

・腎臓に溜まりやすい老廃物の排泄を促す働きがある

④ベータカロテン(カロチン)

・美肌効果があり、皮膚の新陳代謝を高める

・身体の粘膜を丈夫にし、体内にウイルスが入ってくることを防ぐ

・発がん抑制効果や動脈硬化予防

2.カロリーが低いという魅力

スイカは100gあたり約37kcalで、他の果物に比べカロリーが低いことが特長です。例えば、ダイエットで人気のあるバナナだと、100gあたり約86kcalで、スイカの倍以上のカロリーがあります。

また、スイカの約90%は水分であり、水分でお腹が膨らみ、満腹感を得られやすいところも。さらに、スイカにはシトルミンやカリウムが多く含まれているため、利尿作用も高く、むくみにも効果的です。

それでは次に、スイカの種類について見てみましょう。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧