季節の暦 二十四節気「処暑」〜暑さがおさまり秋の気配〜 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 季節の暦 二十四節気「処暑」〜暑さがおさまり秋の気配〜

ライフスタイル

季節の暦 二十四節気「処暑」〜暑さがおさまり秋の気配〜

季節の暦 二十四節気「処暑」〜暑さがおさまり秋の気配〜

2017年07月31日

二十四節気のひとつである処暑は、8月23日から9月6日頃までをいいます。
「処」には「止まる」という意味があり、暑さがおさまるという意味の時期です。この頃から朝夕の涼しさを感じることが多くなり、一気に秋らしくなってきます。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

二十四節気のひとつである処暑は、8月23日から9月6日頃までをいいます。

「処」には「止まる」という意味があり、暑さがおさまるという意味の時期です。この頃から朝夕の涼しさを感じることが多くなり、一気に秋らしくなってきます。

トンボは、多くの赤トンボの姿も見られるようになります。

昔、トンボは「秋津(あきつ)」と呼ばれ、名前からも秋を代表する虫となっています。

「赤トンボ」は気温が下がってくると雄だけが赤く色づいてくるトンボの総称です。

処暑の七十二候

処暑は初候「綿柎開(わたのはなひらく)」・次候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」・末候「禾乃登(こくものすなわちみのる)」で成り立っています。

「綿柎開」は8月23日〜27日頃までをいい、綿の実がはじけて綿花が顔をのぞかせる時期です。

綿花の繊維を利用して糸や織物を作るため、「衣」の生活を支えてくれる実りの季節といえるでしょう。

「天地始粛」は8月28日から9月1日頃までを言います。

「粛」には静まる、弱まるという意味があり、ようやく暑さがおさまる頃になります。

「禾乃登」は9月2日から6日頃までをいい、稲が実る時期を迎えます。

処暑の空模様

この頃になると、空が高くなるのがはっきりとわかりだします。

台風シーズンの到来で、毎年、立春から数えて210日目と220日目が台風到来の特異日と言われています。

空には秋の代名詞であるうろこ雲やいわし雲、さば雲が見られるようになります。

これらはすべて巻積雲(けんせきうん)なのですが、その形や見え方により名前が付けられています。

この雲があらわれると天気が崩れることが多く、天候が変わりやすい秋の気候を知る手がかりとなります。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧