花を長く楽しむために、活ける前にやりたい基本のこと – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 花を長く楽しむために、活ける前にやりたい基本のこと

ライフスタイル

花を長く楽しむために、活ける前にやりたい基本のこと

花を長く楽しむために、活ける前にやりたい基本のこと

2017年08月01日

せっかく花を飾るなら長持ちさせたいものです。と言っても、やること自体はそれほど難くはありません。花を長持ちさせるためのテクニックと、その理由について解説します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

せっかく花を飾るなら長持ちさせたいものです。と言っても、やること自体はそれほど難くはありません。ただし、それをするかどうかで花の持ちは大きく変わってきます。「どうしてそれをするのか」という理由さえわかれば花を扱いやすくなりますので、花を長持ちさせるためのテクニックと、その理由について解説します。

花を長持ちさせる基本は「腐らせない事」

家庭で花を飾る場合、庭や畑から切り取った花は別として、花屋から買ってくる花が傷む一番の原因は茎や水の「腐敗」からくるトラブルです。花屋さんはプロがきちんと処理した状態で販売していますから、店で買ってから長い時間放っておいてから活けるのでなければ、特別な水揚げはあまり必要ありません。下準備はそれぞれささいなことなのですが花を活ける前にそれができているかどうかで花の持ちが変わってきます。

買う時、持ち帰りまでに時間がかかりそうなら水を付けてもらう

まず、花屋から買って戻る時、時間がかかりそうな場合は根元に水をつける処理をお願いしておきましょう。一番の理由は水を吸わせるというより切り口を乾燥させないためです。それが難しい場合は帰宅してから茎を切って、切り口を新しくします。

花瓶は綺麗に洗った物を使う

 

きれいな花瓶を使用することは基本中の基本なのですが、見落としがちなポイントです。前回花を生けた後、水を捨てただけで乾かした花瓶だと、内側に汚れが付着しています。その汚れがきれいなはずの水に溶け込んでしまうと水の劣化が早くなるので当然、花の持ちが悪くなります。できれば花瓶を片付けたり、新しい物に活け替える前に、専用のスポンジで内側をきれいに洗ったり、塩素系漂白剤を入れて汚れを分解しておくなど、清潔にした花瓶を使って活けるようにしてください。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧