食育イベントや多品目生産によるリスク分散。東京の農家ならではの工夫とは? – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > 食育イベントや多品目生産によるリスク分散。東京の農家ならではの工夫とは?

生産者の試み

食育イベントや多品目生産によるリスク分散。東京の農家ならではの工夫とは?

食育イベントや多品目生産によるリスク分散。東京の農家ならではの工夫とは?

2017年08月01日

三姉妹の長女として産まれた山内さんが農園を継いだのは5年前のこと。大阪でデザイナーとして働いていましたが、実父が亡くなったことがきっかけで東京へ戻りました。現在は援農ボランティアを受け入れながら、ぶどう以外にも多くの野菜や果物を育てる多品目少量農家を経営しています。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

デザイナーとして第一線で活躍してから、農業の世界へ飛び込んだ女性がいます。農家に生まれたと言えども、長年続いてきた家業を継ぐことは勇気の要ること。実際に話を聞くと、これまでの経験を生かしながら、新しい農家のあり方を模索するたくましい農業女子でした。

東京では数少なくなった農園を営む「山内ぶどう園」

東京都調布市。新宿から電車で約15分の場所に、400年以上の歴史を持つ「山内ぶどう園」があります。駅から農園までの道には、若者に人気のコーヒーショップやインテリアのお店が並び、「本当にこんな街中に農園があるの?」と疑ってしまうほどのにぎやかさ。京王線・仙川駅から10分ほど歩くと、広々とした農園が現れました。「初めて来る人はたいてい驚きますね」と話してくれたのは、この農園の20代目・山内美香(やまうちみか)さんです。

三姉妹の長女として産まれた山内さんが農園を継いだのは5年前のこと。大阪でデザイナーとして働いていましたが、実父が亡くなったことがきっかけで東京へ戻りました。現在は援農ボランティアを受け入れながら、ぶどう以外にも多くの野菜や果物を育てる多品目少量農家を経営しています。

都市農家としての役割

栽培しているのはぶどうの他に、柿、イチジク、季節の野菜、しいたけなど。春にはタケノコが自生する竹林もあります。取材に訪れた7月初頭には、トマトやきゅうり、なす、ズッキーニといった夏野菜がたわわに実っていました。

「野菜は地産地消を基本として、無人販売所を設置したり、レストランに卸しています。それ以外に力を入れているのが、もぎとりのイベントです。畑から直接野菜を収穫してもらい、みんなで調理するところまでやります。色々な野菜を知ってほしいのと同時に、満足してもらえるよう野菜を常時5種類以上は採れるよう心がけています」。

イベントには「食育」を学ぶために親子で参加する家族も多い。子どもだけではなく、親もスーパーで並んでいる野菜しか見たことがないという家庭があるのも都会ならではです。きゅうりの葉っぱを触ると痛く、実の表面にはとげがあること、ナスの花の色や、ズッキーニの実のつき方など、野菜について知る機会が得られる貴重な機会になっています。

「お客さんとの距離が近いので、喜んでくれる様子を直に見ることができます。減農薬だから直接もぎとって口に入れることもできます。子どもが野菜にそのままかじりついて“おいしい”と言ってくれるのが何よりうれしいです。やはりとれたてはみずみずしさが全然違います。こうやって生の声を聞けるのは、会社員時代にはなかったことで、やりがいを感じる瞬間でもあります」。

「畑を直接見てもらうことで、減農薬だと虫がいること、多少見た目が悪くても新鮮であることを分かってくださいます。もぎとりは説明しながらとってもらうので、納得して買っていただけますね。試食販売みたいなものです。逆に無人販売は顔が見えないのでクレームが来ることもあります。やはり顔が見えるということはお客様との信頼が生まれるポイントだと感じます」。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧