弘前の未来を担うリンゴ農園に。マイナススタートを乗り越えるために。 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > アグリテック > 弘前の未来を担うリンゴ農園に。
マイナススタートを乗り越えるために。

アグリテック

弘前の未来を担うリンゴ農園に。
マイナススタートを乗り越えるために。

弘前の未来を担うリンゴ農園に。<br/>マイナススタートを乗り越えるために。

2017年08月01日

森山さんが考える、リンゴ農家の未来について、全3回お送りします。第3回では、剪定枝(せんていし)を利用した取り組みに加えて、森山さんがリンゴ農園にこだわる思いをお届けします。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

日本のリンゴ生産方法発祥の地で知られる青森県弘前市。その地で先祖代々続くリンゴ農園を経営する森山聡彦(もりやまとしひこ)さん。リンゴの生産プロセスを可視化するためのツール「ADAM(アダム)」の開発や、加工専売品の生産に取り組んでいます。森山さんが考える、リンゴ農家の未来について、全3回お送りします。第3回では、剪定枝(せんていし)を利用した取り組みに加えて、森山さんがリンゴ農園にこだわる思いをお届けします。

販路・出口が肝となる

生産プロセスを省力化すると共に大切なのが、販路の開拓です。通販で直接お客様と取り引きしながら、展示会や見本市に積極的に出ています。自分たちの思いやこだわりを伝えたり、実際に食べてもらえる機会はどんどん増やしています。もりやま園はなんか面白そうだということを伝えていきたいです。

消費者とも積極的にコミュニケーションをとって、リンゴ農園の実情をしっかりと伝えたいです。世の中には価格がとても安いリンゴジュースなども出回っています。ほとんどの場合、そのリンゴジュースを買うことが、農家の売上につながるわけではありません。農家が赤字を背負って仕方なく売っているから、安く買えるのです。そんな状態が続いたら、日本のリンゴづくりはいつか終わりが来てしまいます。

おいしいリンゴを作るのは当然のことですが、それだけでなく環境にやさしい作り方をしている、おいしいリンゴができる仕組みがある、持続可能な方法で生産しているとか、そういう点でも価値を認めてもらえるように、これからも努力を続けていきたいです。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧