エリア 青森|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > エリア情報 > 東北エリア > エリア:青森

都道府県別農業情報 東北エリア 青森

東北エリアの他の記事を見る
  • 青森の特徴
  • 青森の記事一覧

1.青森県ってどんなところ?

青森県は本州の最北端に位置し、三方を海に囲まれた県です。県中央には八甲田山がそびえ、県北には陸奥湾を挟んで日本海側に津軽半島、太平洋側に下北半島があります。秋田との県境にある世界自然遺産の白神山地には世界最大級の原生的なブナ林があり、多種多様で貴重な生態系が保たれています。
青森県では夏が短く冬が長いのが特徴。日本海側と太平洋側では大きく気候が異なります。夏は太平洋側の東部で、通称「ヤマセ」と呼ばれる偏東風が吹き込み、低温の日が多くなります。一方、西側の日本海側では、比較的気温が高めで、気象に恵まれています。また、冬は日本海側では天気の悪い日が多く、雪が多いのに対し、太平洋側は晴天の日が多く、雪も少なめです。

青森県基本データ
総面積 9,645.64km2 全国8位
総人口(※) 1,260,067人 全国31位

※ 2021年1月1日時点(住民基本台帳より)

青森イメージ
岩木山とリンゴ畑

2.青森県の農業の現状は?

2020年の青森県の農業産出額は3262億円で全国7位、そのうち果実の生産額は906億円で全国1位です。耕地面積は14万9800ヘクタール、そのうちリンゴの結果樹面積は1万9700ヘクタールと、約13%がリンゴの農地で占められています。
また耕地面積の半分を超える7万9400ヘクタールが田んぼで、水に恵まれた平野では米づくりが盛んです。「青天の霹靂(へきれき)」や「つがるロマン」、「まっしぐら」などを中心とした品種が作付けされています。
青森県の夏の涼しい気候は家畜の飼養に適しており、飼料原料の輸入の窓口である八戸飼料穀物コンビナートなどのインフラの充実もあって、畜産が盛んな県となっています。


青森県農産物分布図
クリックで大きく表示されます
青森県農産物分布図

3.青森県の代表的な農産物は?

青森県は国内で生産されるリンゴの58%を占めるリンゴの産地。涼しい気候がリンゴの栽培に適しており広い土地があったことから、明治時代に栽培が始まりました。現在、青森産のリンゴの品種の約半分は「ふじ」です。
ニンニクの産地としても知られ、全国の収穫量の55%を占めて全国1位です。主に青森県の気候に適した「福地ホワイト」という系統が生産されていて、大玉で一片が大きく、引き締まった身とその白さが特徴です。
さらに根菜の栽培も盛んで、ゴボウの収穫量も全国1位。主な産地である三沢市や十和田市などの太平洋側では夏場にヤマセと呼ばれる冷たい風が吹くため冷涼な気候で、病害虫の防除回数が少なくて済むことなどから、生産が拡大しています。


青森県農産物グラフ
クリックで大きく表示されます
青森県農産物グラフ

4.青森県の就農状況は?

青森県の農業就業人口の減少や高齢化は他県と同様で、特にリンゴ農家の人手不足は深刻です。一方、新規就農者数は増加傾向で、2020年度は303人。そのうち15~29歳が108人と最も割合が高くなっています。分野別では野菜農家となった人が93人と最も多く、大規模な畜産企業への就職など、農業法人での雇用就農も増えています。
青森県では、全国に先駆けて1999年12月に「青森県新規就農促進条例」を制定して、新規就農を促進し地域に定着してもらうための取り組みに長年力を入れており、就農意欲のある人を県内外から幅広く受け入れています。実際に受け入れる地域の農業者とも連携した支援が特徴で、就農希望者のタイプに応じたきめ細かな指導を行い、地域に根ざした農業者の育成に努めています。


青森県農業就業者数
クリックで大きく表示されます
青森県農業就業者数