市場が取り組む野菜のブランド化【市場に行こう!鎌倉青果地方卸売市場】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > 市場が取り組む野菜のブランド化【市場に行こう!鎌倉青果地方卸売市場】

生産者の試み

市場が取り組む野菜のブランド化【市場に行こう!鎌倉青果地方卸売市場】

市場が取り組む野菜のブランド化【市場に行こう!鎌倉青果地方卸売市場】

2017年08月04日

鎌倉青果市場の独自ブランド「鎌倉いちばブランド」。厳しい基準を設け、それをクリアした野菜のみ「鎌倉いちば野菜」を名乗ることができます。この取り組みは平成26年、「フード・アクション・ニッポン・アワード」で審査員特別賞を受賞。「鎌倉いちばブランド」の歩みをご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

市場が取り組む野菜のブランド化【市場に行こう!鎌倉青果地方卸売市場】

近隣農家の高品質な野菜が集まる、鎌倉青果地方卸売市場(以下、鎌倉青果市場)。運営元の鎌倉青果株式会社は、この市場で取引される野菜を『鎌倉いちばブランド』として広める取り組みを行っています。鎌倉青果市場で扱っているのは、トマト、ホウレン草、枝豆などの一般的な露地野菜です。どうやってこれらの野菜のブランド化を図っているのでしょうか。きっかけや経緯、狙いなどを、鎌倉青果株式会社代表、高橋伸行(たかはし のぶゆき)さんにおうかがいしました。

関連記事:競りがこだわりの野菜を支える!【市場に行こう!鎌倉青果地方卸売市場】

お客さまに怒られて気づいた価値

お客さまに怒られて気づいた価値

高橋さんは、以前、鎌倉市の隣の逗子市で青果商を営んでいました。鎌倉青果市場は元々、鎌倉の青果商が集まって始めた市場。その流れを組み込み、市場に出入りする青果商が兼業で市場の経営を行ってきました。

「社長に就任したのは2012年6月。鎌倉青果市場の前の社長から『次をお願いしたい』と言われました。そのとき、逗子の店と鎌倉青果市場の専務を兼任していたのですが、そろそろ逗子の店を閉めてのんびりしようと思っていたところでしたから、最後のご奉公と思い引き受けることにしました。しかし、当時は市場の業績が芳しくなく、あと2、3年で倒産するような状況でした。『俺がここの幕引きをするのかな』などと思っていました」

そんな厳しい状況で、どうして野菜のブランド化に取り組むようになったのでしょうか。高橋さんは、「あるお客さまの言葉がきっかけ」と教えてくれました。

「逗子の店を閉めてしばらくした頃、街なかでお店に来ていたお客さんとバッタリ出会いました。そして、『お宅で売っていた野菜はとてもおいしかったのに、お店がなくなって残念』、『お宅で野菜が買えなくなって、子どもが野菜を食べなくなった』と言われたのです。その時に改めて自分が売っていた野菜の価値、この近辺で採れる野菜の素晴らしさに気づいたのです」

青果商として毎日扱ってきたため、当たり前の存在になってしまっていた鎌倉の野菜。「井の中の蛙」だったと高橋さんは振り返ります。「どうせやるなら、最後にひと暴れしてやろう!」と、市場で扱っている野菜の価値をもっと積極的にアピールするため、ブランド化にチャレンジすることにしました。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧