加工・物流も請け負う「農家の家 せんのや」バングラデシュ出身経営者の狙いとは – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 加工・物流も請け負う「農家の家 せんのや」バングラデシュ出身経営者の狙いとは

マーケティング

加工・物流も請け負う「農家の家 せんのや」バングラデシュ出身経営者の狙いとは

加工・物流も請け負う「農家の家 せんのや」バングラデシュ出身経営者の狙いとは

2017年08月10日

日本の農家の将来性に目を向け、農業法人を設立したのが、バングラディシュ出身のミヤさんです。農家にとって負担となりかねない、作物の袋詰めや加工から流通までを請け負う、彼の戦略や展望とは何なのでしょうか?

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

加工・物流も請け負う「農家の家 せんのや」バングラデシュ出身経営者の狙いとは
株式会社農(みのり)代表取締役 ミヤ・エムディ・マムンさん

農家にとって負担の大きい作物の加工から物流までを請け負い、廃棄野菜を極力減らす努力をしているのが、2016年11月に千葉県旭市にオープンした直売所「農家の家 せんのや(以下、せんのや)」です。規格外の野菜を仕入れ、ハラル認証(ポークエキスやアルコール類を使用していない等、イスラーム法において合法なものであるという認証)にも対応しています。

今回は、せんのやの運営元である株式会社農(みのり)の代表取締役、ミヤ・エムディ・マムンさんにインタビューしました。せんのやでの取り組みの背景と、日本の農家が抱える課題についてお話をうかがいました。

農家が生産した作物を確実に売る会社を作りたかった

「農家の家 せんのや」立ち上げの背景について教えて下さい。

日本の農家が抱える問題に目を向け、最終的に「せんのや」の設立に行き着きました。私たちが一番問題視したのは、後継者不足の問題です。人出が足りず、計画通りに栽培・収穫ができていない農家が全国にたくさんあります。

特に収穫後、作物を洗って袋詰めをして出荷できる状態にしてから市場に卸す作業は、非常に手間と時間がかかります。作物は、収穫が1日から2日伸びただけでも熟れすぎて商品にならないことがあるため、ピーク時には収穫が間に合わず、三分の一は廃棄してしまうという事態が起きています。

私たちはこうした無駄を少しでも減らしたいと考え、「一人ひとりの農家が生産したものを確実に売る」という目標のもと、会社を設立しました。

「農家の家 せんのや」立ち上げの背景について教えて下さい

農家の方には収穫した作物を「せんのや」に持ってきてもらうところまでをお願いし、私たちは作物の袋詰めや出荷など、物流の部分を請け負っています。

農家の方からは「収穫が間に合わず廃棄していた野菜をほぼゼロにすることができた」とおっしゃっていただけるようになりました。梱包などに取られていた時間を別の農作業にあてられるようになったそうです。

千葉県は暑すぎず寒すぎず、天候に恵まれた野菜の産地です。空港や高速道路のインターチェンジも近く、物流の観点から考えてとても良い立地なので、千葉県に拠点を置くことに決めました。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧