加賀野菜を化粧品に 自然派化粧品ルバンシュの「食べられる化粧品」作り – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 加賀野菜を化粧品に 自然派化粧品ルバンシュの「食べられる化粧品」作り

行政・団体・個人の支援

加賀野菜を化粧品に 自然派化粧品ルバンシュの「食べられる化粧品」作り

加賀野菜を化粧品に 自然派化粧品ルバンシュの「食べられる化粧品」作り

2017年08月28日

自然派化粧品メーカーの株式会社ルバンシュは、クレンジング・化粧水・リップクリームなどを100%食用成分で製造しています。地元・石川県の農作物から、肌に有効な成分を抽出してできる化粧品作り、成分データの裏付けによる商品の差別化について、ご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket


石川県能美市に本社を構える、自然派化粧品メーカーの株式会社ルバンシュ。地元産の野菜や、果物を積極的に原料として使用し、100%食用成分で作った「食べられる化粧品」を製造、販売しています。その開発の原点や、地元産の作物を使うメリットを、代表取締役の千田和弘(せんだかずひろ)さんにお話しをおうかがいしました。

原点は、食べられるくらい安全な化粧品

株式会社ルバンシュは、1990年の創業以来、一貫して食用成分や天然素材にこだわって、化粧品の開発・製造・販売を行う化粧品メーカーです。クレンジング・化粧水・リップクリームなど、多くの商品が100%食用成分で製造されています。

中でも、ニンジンや大豆、米ぬかなどでできた「ベジタブルリップ」などのリップクリーム商品は、発売以来、累計販売本数が100万本を超える大ヒット商品に。どうしても口に入ってしまうリップだからこそ、万が一舐めたりしても安全、というリップクリームのコンセプトが、多くの女性の心を掴みました。

(ルバンシュの看板商品「ベジタブルリップ」)

食べられるくらい安全な化粧品、という同社の原点は、千田さんの創業前の経歴にありました。元々、食品研究会社に勤めていた千田さんは、化粧品の成分を分析する機会があったときに、体に悪影響を与える可能性のある成分が含まれていることを知ったそうです。

「クリームにきれいな色を付けるためだけに、害のあるタール系色素を添加している例もありました。食品に添加することを認められていない成分が、化粧品には使われてしまう。このとき、『口に入っても安心、安全な化粧品を作ろう』と決意しました」。以来、ルバンシュの商品はずっと、その原点を守り続けています。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧