食べもの付き情報誌「神奈川食べる通信」が考える農の未来とは – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > 食べもの付き情報誌「神奈川食べる通信」が考える農の未来とは

生産者の試み

食べもの付き情報誌「神奈川食べる通信」が考える農の未来とは

食べもの付き情報誌「神奈川食べる通信」が考える農の未来とは

2017年08月30日

雑誌と食べものが一緒に届く「食べる通信」。読者になると、一人の作り手を取り上げた雑誌と、その方が作った食材と加工品を受け取ることができます。全国4番目の食べる通信として創刊した「神奈川食べる通信」のCSA(Community Supported Agriculture、地域社会で支える農業)普及への取り組みなどについてご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

世界初の食べもの付き情報誌「食べる通信」をご存知でしょうか。食の作り手を特集した雑誌と、実際にその方が作った食べ物と加工品がセットで届くという画期的な定期購読誌です。2013年に創刊された「東北食べる通信」を皮切りに、現在では全国で38誌が創刊。中でも、地域の特長を生かしたユニークなサービスを展開しているのが「神奈川食べる通信」です。

作り手と消費者が近い“都市型”ならではの「食べる通信」とは。神奈川食べる通信フードコーディネーターの菅千明(すがちあき)さんにお話をうかがいました。

関連記事:食育は大人こそ必要「食の未来を創る食育コーディネーター」菅千明さんの取り組み

地域の特色を色濃く反映する「食べる通信」

定期購読誌である「食べる通信」は、読者になると定期的に雑誌が自宅に届きます。セットの内容は、一人の作り手を取り上げた雑誌1冊と、その方が作った食材と加工品。食材は海のもの、山のもの、畑のものなど特集によってさまざまです。

「神奈川食べる通信」は2015年、全国4番目の食べる通信として創刊しました。全国で唯一、作り手から直接、食材を受け取れるサービスを行っています。

「東北や北海道の食べる通信は、読者は地元より都心の方が多いのですが、神奈川食べる通信の読者さんは圧倒的に地元神奈川在住の方が多いんです。読者が同じ県内にいるなら、直接生産物を受け取れた方が、読者と作り手の距離はより近づきますよね」。

食べる通信をきっかけに作り手を知り、その後直売所へ足を運んで顧客になっている読者も多いと言います。

消費者と生産者をつなぐ橋渡し役

雑誌の刊行と同時に、生産者と読者をつなぐ参加型のイベントも開催しています。「前回は、横浜市旭区の農家さんのところで収穫した野菜で作った豚汁や、伝統料理を釜炊きのごはんと一緒に食べるイベントを開催しました。普段はシャイな農家の方も、消費者の方から質問されると、畑への思いを饒舌に語ってくれるんです。そんな光景を見ると、やってよかったなと思いますね」

食べる通信のコンセプトは、食べものの裏側にあるストーリーを届けることで、消費者と生産者のつながりを作ること。神奈川食べる通信の取り組みは、地域の特長を生かしながら、そのコンセプトを、より強化している好例と言えるでしょう。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧