農業は見た目で変わる?デザインからサポートする「ファームステッド」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 農業は見た目で変わる?デザインからサポートする「ファームステッド」

マーケティング

農業は見た目で変わる?デザインからサポートする「ファームステッド」

農業は見た目で変わる?デザインからサポートする「ファームステッド」

2017年09月02日

農家の方の、「自ら情報を発信したい」「自分の農場のことを伝えたい」という思いを実現するためには、デザインスキルが必要。デザインの力の可能性、現場の声を大事にしたブランディングについて、ファームステッド代表の長岡さんに語っていただきました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

農場や牧場など、第一次産業をデザインで応援している株式会社ファームステッド。オリジナルロゴマークのデザインや、ポスター・パンフレット・ホームページ等の制作を通し、農家や牧場などのブランド力を高めたり、地域の発信力を高めることに成功しています。「地方にこそデザインを」という思いが生まれたきっかけや経緯、デザインの具体的な手法について、代表取締役の長岡淳一(ながおかじゅんいち)さんにお話しをうかがいました。

十勝の農業に貢献したいという思いから生まれた

ファームステッドの「第一次産業をデザインで応援する」というユニークなコンセプトは、いかにして生まれたのでしょうか。

代表取締役でクリエイティブディレクターである長岡さんは、北海道帯広市出身です。祖父の代まで農業を営んでいた家で生まれ、農家や農業に対する憧れを持って育ちました。大学時代を東京で過ごしたのち、Uターン。地元でアパレルと飲食業を起業しましたが、地元で農業に携わる人々とのつながりが増えるにしたがって、子どもの頃から抱いてきた農業への憧れが再燃したそうです。

「自分も農業に携わる仕事がしたい、自分なりに十勝の農業のために何かできることがあるのではないか」と考え始めたことがきっかけとなりました。

農家の発信力を高めるためにデザインスキルが必要

十勝の農業のために貢献する方法を模索するなかで、まずは自らが立ち上げていたアパレル業との関連性から、オリジナル農作業着のプロデュースや市場調査を行いました。そうして農家との付き合いが深まってくると、農家から「自ら情報を発信したい」「自分の農場のことを伝えたい」といった相談を受ける機会が増えていったそうです。

「パンフレットやウェブサイトを作ったり、彼らの声を実現するためには、デザインのスキルが必要だと感じていたんです。そんなとき、帯広出身のデザイナーである阿部岳(あべがく)さんとの出会いがあったのです」。阿部さん自身、東京で第一線のグラフィックデザイナーとして活躍した経験がありながら、これまで地元にまったく貢献できていないことを感じていたそうです。自分の培ってきたデザインのスキルを地元で役立てようにも、ネットワークがないことにもどかしさを感じていたようです。

長岡さんが求める専門的なデザインスキルを阿部さんが持っており、阿部さんが必要としているネットワークを長岡さんが持っていることから、二人は意気投合。2013年、株式会社ファームステッドを立ち上げました。

長岡さん(右)と阿部さん(左)

 
【関連記事はこちら!】
>農作物ブランドを地域で守る「地域団体商標」と「地理的表示」の基本

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧