プロフットサル選手が挑む農業とのパラレルワーク – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > プロフットサル選手が挑む農業とのパラレルワーク

マーケティング

プロフットサル選手が挑む農業とのパラレルワーク

プロフットサル選手が挑む農業とのパラレルワーク

2017年09月13日

プロフットサルチーム・ASVペスカドーラ町田の背番号10、中井健介(なかいけんすけ)選手は、フットサルワールドカップ2020で日の丸を背負うことが目標だ。アグレッシブなプレースタイルがモットーの彼は、試合会場で甘酒を販売するという実業家の顔を併せ持つ。実家の農園で収穫した米を用いた甘酒は、栄養価が高く、スポーツとの相性は抜群。フットサルと甘酒。その魅力を誰よりも知る28歳の使命とは。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

プロフットサルプレーヤー・中井健介

プロフットサルプレーヤー、中井健介選手はペスカドーラ町田の中軸を担うプレーヤーだ。週末の試合に向かう彼の一日は、午前・チームの全体練習、午後・表参道のジムでのトレーニングが基本。試合のないウイークデーはそれを繰り返す、まさにフットサル漬けの毎日。2016年からは農業ビジネスも手掛け、24時間フル回転の日々を送る。

兵庫県出身の「下手だけれど、ガッツはある」サッカー青年は、Jリーガーになることを目指し、関東大学リーグに属する専修大学に進んだ。

チーム内では、もう一歩でレギュラーという位置を行き来する中で、知人に「ペスカドーラのセレクションに参加してみては」とアドバイスを受け、大学3年のときにトップチームで合格したことが現在につながる。ただし、その時はJリーガーの夢を追い続け、大学時代はサッカーをやりきることを選んだ。自身最後のシーズン、チームは全日本大学サッカー選手権大会で優勝するが、そのピッチに彼の姿はなかった。

サッカーに区切りをつけた彼は、フットサルの道に進むため、再び町田の門を叩いた。始めはフットサルとサッカーの違いに戸惑い、コートの中で求められる役割を見失うことが多かった。やがて、コートが狭い故に戦術的なプレーが要求される、フットサルならではの醍醐味を味わった。プロのフットサルプレーヤーである自覚も芽生えた。「フットサルで日本代表になること」を新たな目標に定めた。

フットサルに打ち込むこと、その先を見つめて

プロスポーツ選手だからと言って、選手としての報酬で生計を立てられる人は少ない。人によっては、スポーツ用品メーカーがスポンサーになるケースもあるが、それは一握り。

フットサルスクールやスポーツ施設で働きながら選手生活を続ける人も多い。自身もスポンサーの支援を受けているが、プレーヤーとして長く現役を続けるためにも、トレーニングは欠かさず、フットサルにかける時間を確保したい。そのためには、他人に拘束されることがない、自分自身で事業を行うことがベストと考えた。プロスポーツ選手は、競技に全力を注ぐ一方で、引退後に社会人として生活していくことも意識しなければならない。彼の頭の中には常に、農業を営む実家のことがあった。今、東京にいる自分だからこそできる「実家と農業への貢献」。その先に自身の未来が重なった。

中井農園を運営している中井選手のおじいさん

【関連記事はこちら!】
>なぜ川越はサツマイモの産地に?
 

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧