なぜ川越はサツマイモの産地に? – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > なぜ川越はサツマイモの産地に?

ライフスタイル

なぜ川越はサツマイモの産地に?

なぜ川越はサツマイモの産地に?

2017年10月02日

小江戸と呼ばれ親しまれシンボル「時の鐘」を筆頭に歴史ある建築物が有名な川越。栽培が盛んで芋掘り産業もあるほか、県や市をあげて川越のサツマイモの発信を行っています。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

小江戸 川越

「守り継ぐ」想いでできたまち

埼玉県川越市は武蔵野台地の東北端、首都30km圏の距離にあります。江戸時代には江戸北方の守りとして川越城が築かれ、徳川氏の重臣が入封し、親藩・譜代の川越藩の城下町として栄えました。重要伝統的建造物群保存地区である蔵造りのまち並みや、江戸・天下祭を受け継ぐ川越まつりなど江戸情緒を残すことから「小江戸」の別名を持ちます。まちを歩くと「江戸」「明治」「大正」と時代ごとの仕様の建築がミックスされていることも川越のまち並みの面白さのひとつです。現在一番街に立ち並ぶ黒漆喰の豪壮な店蔵は、屋根の両端に丸く盛り上がったかげ盛、重厚な観音開きの扉など、川越のまち並みの象徴とされています。戦争や震災を免れたため、歴史ある建築が残り、それを求めて多くの観光客が訪れます。また、住人や商店街店主をはじめとするまちの人々の歴史と価値のあるものを大切にし、歴史やまち並みを守り継ぐ想いが川越を歴史情緒あるまちにしているのでしょう。

芋ほり観光

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧