おならを抑える食べ方は サツマイモの保存方法・栄養【野菜と果物ガイド】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > おならを抑える食べ方は サツマイモの保存方法・栄養【野菜と果物ガイド】

ライフスタイル

おならを抑える食べ方は サツマイモの保存方法・栄養【野菜と果物ガイド】

おならを抑える食べ方は サツマイモの保存方法・栄養【野菜と果物ガイド】

2018年02月03日

サツマイモは、天候異変に強く荒地でも育成ができることから、一般の作物が凶作のときに代用として栽培される「救荒作物」の一つです。今回はサツマイモの栄養や保存方法、下ごしらえのポイントなどを詳しく説明していきます。サツマイモを食べるとおならが出る理由や、甘みを引き出したいときのマル秘調理方法など、サツマイモに関する豆知識や調理のコツなども合わせて紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

様々な品種が誕生しているサツマイモ

サツマイモは、古くから食料不足の際の救世主として馴染みが深い野菜の一つです。用途によって品種を選ぶ楽しみがあるのもサツマイモの魅力です。最近は糖度が高いものが人気で、ホクホク系では紅あずまや金時などが、ねっとりした食味では安納芋などが特に人気を集めています。またムラサキイモも製菓用などとして、一般消費者からも注目されています。

鮮度の良いおいしいサツマイモの見分け方

鮮度の良いおいしいサツマイモは、皮にツヤがあって、肌がなめらかで、傷や黒い斑点がありません。ひげ根の穴が浅いものを選びましょう。切り口に蜜が出ているものは糖度が高い証です。

サツマイモの栄養

サツマイモにはたっぷりの食物繊維が含まれています。また、切り口から出ている白い粘液は、ヤラピンと呼ばれる成分で、食物繊維と合わせて便秘解消に効果があると言われています。また、でんぷんを非常に多く含むため、サツマイモに含まれるビタミンCが熱などで破壊されにくく、調理しても効率的に摂取することができます。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧